産婦人科に足を運ぶ前に、市販されている妊娠検査薬で
検査することが一般的になっていますが、その精度はどれくらいなのでしょうか。


そこで今回は、市販の妊娠検査薬のしくみと、
陽性・陰性の判定の精度について、お話したいと思います。
 

妊娠検査薬のしくみ

 
市販されている妊娠検査薬には、通常のものと
早期妊娠検査薬と呼ばれるものがあります。

スポンサードリンク




どちらの妊娠検査薬も、尿中のホルモンの濃度を
はかることで、陽性か陰性かを判定します。


 
女性は妊娠すると、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と
いうホルモンがつくられるようになります。


これは、着床した受精卵が胎盤をつくり始めることで生成されるようになり、
妊娠を維持するために必要なホルモンです。

 


妊娠検査薬は、体内のhCGホルモンの分泌が盛んになり、
尿中に排出されるようになることに着目し、尿中の濃度を見極めることで、
妊娠しているかいないかを判定するというしくみになっています。

 

一般的な妊娠検査薬の場合は、尿中のhCGホルモンの濃度が
50mIU/mL、早期妊娠検査薬の場合は25mIU/mL以上で陽性反応が出ます。
 

妊娠検査薬の精度

 
市販されている妊娠検査薬はそれも、99%以上の精度で妊娠判定ができます。


ただし、説明書にかかれている検査の日程通りに検査した場合に限ります。



 
一般の妊娠検査薬では、生理予定日を1週間過ぎてから
使用した場合は、精度には問題がないとされています。


そのため、定められた日より早いフライング検査や、
早期妊娠検査薬を使用した場合は、精度が下がるのです。

 
また、hCGホルモンの濃度は、尿を採取する時間によっても変化するので、
正確さを求めるのであれば、朝一番の中間尿を使うことおすすめします。


スポンサードリンク





きちんと説明書を読み、正しい手順で検査しましょう。
 

陽性判定でも妊娠していないこともある

 
とはいえ、病院で血液検査や超音波検査をするのとは違うので、
陽性反応が出たからといって、全員が妊娠しているとは限りません。


尿中のhCGホルモンの濃度が判定基準を上回る要因は、
妊娠だけではないからです。


 

体外受精のために排卵誘発剤を使った場合、投与されて
10日ほどは体内にhCG製剤が残ってしまうので、陽性反応が出ることがあります。


また、hCGホルモンを産生する腫瘍ができた場合も、尿中濃度があがります。



 
さらに、閉経が近づいた女性はhCGと似た物質が分泌されるようになるため、
妊娠検査薬に反応することがあるのです。


だからこそ、市販の妊娠検査薬で陽性反応が出たら、
まず産婦人科を受診して、確定診断をしてもらうようにしましょう。
 

陰性判定でも妊娠していることもある

 
同様に、市販の妊娠検査薬で陰性反応が出ても、妊娠していることもあります。





これは、生理不順で周期が不安定な女性や、フライング検査で尿中の
hCGホルモンの濃度が十分ではなかったとき、検査前に大量の水分を
摂取したことで尿中のhCGホルモンの濃度が薄くなったときには、
陰性反応が出てしまうからです。

 


また、妊娠はしているものの体内で胎児が死亡していたり、稽留流産、
子宮外妊娠のために陰性反応が出ることがあります。


妊娠検査薬で陰性反応が出たのに、いつまでも生理がこない場合は、
再度検査してみるか、病院を受診するようにしてください。

 

参照:子宮筋腫の症状チェック!

参照:妊娠4ヶ月の体重増加の平均!

 

使いやすい妊娠検査薬を選ぼう

 
妊娠検査薬にも、いろいろな種類があります。



陽性反応だけを示すもの、陽性の場合はプラス、陰性の場合は
マイナスと表示されるもの、生理予定日を1週間過ぎてから使うもの、
生理予定日から使用可能なもの、スティックに直接尿をかけられるもの、

コップにとってスティックをひたすものなど、多種多様ですので、
自分が使いやすいと思うものを選択してください。

 


そして、書かれた説明書の手順を守って、正しく使いましょう。