不妊症のカップルの中には、体外受精を選択するひとたちもいます。


体外受精の中でも最近注目されているのが、胚盤胞移植です。


今回は胚盤胞移植について、お話したいと思います。

 

体外受精の移植方法とは

 
体外受精は、卵子と精子をシャーレの中で受精させる、
あるいは精子を卵子の細胞質の中に注入する顕微授精を
行うことで、受精卵をつくるところから始まります。


スポンサードリンク





受精卵がある程度、細胞分裂するまで培養し、子宮内に移植します。


 

子宮に移植する際の受精卵の状態により、種類が異なるのです。

受精卵になって2~3日たち、4細胞から8細胞になった胚を初期胚といい、
これをカテーテルを用いて子宮内に移植することを「初期胚移植」といいます。


 

ですが、自然妊娠の場合は、子宮内膜に着床するのは、胚盤胞になってからです。

そこで、受精卵になって5日を経過し、胚盤胞になった状態で
子宮に移植する「胚盤胞移植」を行う病院が増えているのです。

 

胚盤胞移植の着床率は?

 
胚盤胞は初期胚と違い、子宮に移植される段階で、
卵殻のような役割を担う「透明帯」と、胎芽のもととなる
「内細胞塊」で構成されてます。


 


さらに、自然妊娠と同じタイミングで子宮に戻すことで、
着床できる確率がアップします。

また、胚盤胞まで成長する過程で、良質なものを選ぶことも可能です。

 

初期胚移植では、妊娠の確率をあげるために複数の肺を
子宮に移植するため、多胎妊娠の確率もアップしてしまいます。

胚盤胞移植の場合は、数が少なくても着床率がアップするので、
望まない多胎妊娠を避けることができます。
 

胚盤胞のグレードについて

 
とはいえ、胚盤胞だからといって、すべてが着床するとは限りません。


胚盤胞には、1~6まで、成長段階に応じたグレードがあります。

 

胚盤胞のグレードの1~3は成長段階の違いを、3以上はそれに加えて、
胎児になる内細胞塊と胎盤になる栄養膜の状態をA~Cの3つに分けて、
ランクづけしています。

胚盤胞は200個の細胞から形成されており、
数字が大きくなるにつれて、グレードがあがっていきます。

 

数字だけを見ると、

グレード1は「初期胚盤胞で、胞胚腔が50%以下のもの」、

グレード2は「初期胚盤胞で、胞胚腔が50%以上のもの」、

 

グレード3は「完全胚盤胞で、胞胚腔が全体にいきわたっているもの」、

グレード4は「完全胚盤胞で、胞胚腔が全体にいきわたっているもので、
透明膜が薄くなっているもの」、

 


スポンサードリンク




グレード5は「孵化しつつある胚盤胞」、

グレード6は「孵化した胚盤胞」を指します。

グレード3以上に適用されるアルファベットは、胎盤になる部分となる、
栄養外肺葉を評価するものです。

 


Aが一番良い状態で、B、Cと下がっていきます。

参照:帝王切開2人目は何年あける?痛みや子宮破裂リスク

参照:帝王切開後の寝方や運動!排便ガス!

 

良い胚盤胞をつくることはできるのか

 
細胞胚のグレードがあがれば、それだけ着床率がアップします。


では、胚盤胞の質を高めるにはどうしたらよいのでしょうか。

まず、卵子と精子の質をあげることです。


 

加齢による老化を防ぐのは難しくても、食事や生活習慣を改善し、
健康状態をよくすることで、質をあげることはできます。


また、身体を冷やしたり、ストレスをためたり、運動不足になることも、
卵子や精子の質を下げることにつながります。

 

アメリカでは不妊治療にメラトニンサプリを用いる女性も多いのですが、
これは睡眠ホルモンで、入眠効果だけでなく、抗酸化作用があります。


良質な睡眠をとり、体内でメラトニンの分泌量を増やせば、
卵子の質をあげることにもつながるのです。

 

良質な卵子や精子をつくるために、節制した生活を続けることが
ストレスになるのでは意味がありませんが、できることから始めることで、
胚盤胞のグレードをアップさせる可能性があります。


夫婦で話し合って、できることから始めてみましょう