生まれたばかりの赤ちゃんの目や皮膚などが黄色くなり、
「新生児黄疸」と診断されることがあります。

初めての赤ちゃんが新生児黄疸と診断されたときに困らないように、
その原因や症状、対処法について、知っておきましょう。
 

新生児黄疸とその症状

 
赤ちゃんが生まれてから2~3日たって、
目や皮膚が黄色く見えるようになることがあります。

これを、新生児黄疸といいます。


スポンサードリンク




新生児黄疸は生後2~3日で表れ、10日ほどで落ち着くのが一般的です。

 

白目や肌が黄色くなる新生児は、全体の90%にのぼるといわれていますので、
それほど神経質になる必要はありません。
 

新生児黄疸の原因

 
お腹の赤ちゃんは、酸素を体内に取り入れるために、
血液中の赤血球が多くなっています。

ですが出生後は、自分の肺で呼吸ができるので、
多すぎる血液中の赤血球を適性に戻そうとします。

 

不要な赤血球を分解する際に、
ビリルビンという黄色い色素を持つ成分が大量に発生します。

このビリルビンは肝臓で処理されて体外に排出されるので、
大人であれば体内で濃度が高まることはありません。

 
ですが、新生児は一時に大量のビリルビンが発生し、
肝臓の働きが十分でないことから処理しきれず、黄疸として表れてしまうのです。

 

新生児黄疸の種類とは

 
新生児黄疸にも種類があり、治療が必要なものもあります。


最も多いのが、「母乳性黄疸」です。

これは、血液からできた母乳を飲んでいることで、ビリルビンの値が
高いままになることで起こるもので、生後3週間から1ヶ月ほどまで続きます。

 

小便や大便の量や色に問題がなく、母乳をよく飲んでいるようなら、
それほど心配しなくてもよいでしょう。
次に、「新生児溶血性黄疸」です。

これは、お母さんと赤ちゃんの血液が、ABO式あるいは
Rh式で異なることで、黄疸が起こるというものです。

 


スポンサードリンク




お母さんの体内で、自分とは型が異なる赤ちゃんの赤血球に抗体がつくられ、
これが赤ちゃんの赤血球を分解してしまうことで、ビリルビンが増えてしまうのです。

 

赤ちゃんが新生児溶血性黄疸と診断された場合には、治療が必要です。
そして、新生児の黄疸は「胆道閉鎖症」という病気の症状として表れることもあります。

胆道閉鎖症とは、肝臓と十二指腸を結んでいる胆道が閉鎖しており、
肝臓でつくられるビリルビンを含んだ胆汁が十二指腸に流れないことで、
黄疸が出るという病気です。

 

生後10日を過ぎても黄疸が治まらず、白っぽい大便が出るときには、
胆道閉鎖症かどうかを検査する必要があります。

 

治療が必要になる新生児黄疸とは

 
出生した赤ちゃんの90%に黄疸の症状が見られますが、
そのうち20%程度は治療を必要とするようです。


新生児は生後4~7日の間に、血液中のビリルビン値がピークに達し、
その後は正常値まで下がるものです。

 

ですが、新生児黄疸でもビリルビン値が高い状態が続くと、
脳にビリルビンが蓄積されてしまい、「核黄疸」という病気が起こる可能性があります。

核黄疸が起こると、脳性麻痺などの重度な後遺症が残ることも
あるので、早々に治療が必要です。
 

新生児黄疸の治療方法

 
新生児黄疸の治療法として一般的なのは、光線療法です。


赤ちゃんに光を当てることでビリルビンが水に溶けやすい
状態をつくり、体外への排出を促します。


 

また、赤ちゃんの血液中のビリルビン値が急上昇したり、
高いまま下がらない場合は、交換輸血をすることもあります。

参照:双子妊娠の確率!

参照:帝王切開の産後は痛い?

 

黄疸があって睡眠時間が長いときには注意

 
通常であれば、血中のビリルビンは肝臓や胆道の働きにより、
日を追うごとに体外に排出されていきます。

 

ですが、新生児は肝臓の働きが十分ではなく、身体に負担が
かかることもあり、その場合は睡眠を長くとって体力回復を
はかることがあるので、覚えておきましょう。