妊娠超初期に、着床出血が起こることがあります。


赤ちゃんを待ち望んでいる女性は、不正出血が妊娠の
兆候なのか、不調によるものなのかが気になるはずです。

 

そこで今回は、着床出血について、お話したいと思います。
 

妊娠超初期とは

 
妊娠は、最終月経の開始日を妊娠0週0日としてカウントします。


スポンサードリンク




そのため、実際に受精して子宮内膜に着床し、
妊娠が成立するときには、妊娠3週目に入っています。

次回の生理予定日前にあたる、
妊娠0週から4週までの時期を、妊娠超初期といいます。
 

妊娠超初期に表れる症状

 
子宮内膜に受精卵が着床すると、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)
という女性ホルモンが分泌されるようになります。

 

その女性ホルモンの影響が身体に出始めることで、
いつもより眠気を感じたり、出血が見られたり、微熱が出たり、
下腹部痛を感じたり、食べ物の好みが変化したり、
胸に張りや痛みを感じることがあります。

 

ですが、風邪や生理前の症状と似ているものもあるので、
すべての妊婦さんがそれを妊娠の兆候だと思うとは限りません。

 

着床出血とは何か

 
精子と卵子は卵管で受精し、1週間ほどかけて子宮へ移動します。


受精卵が子宮内膜に到達し、母体と結びつくことを着床といいます。

 

このとき、ひとによって絨毛が子宮壁を傷つけてしまい、
出血が起こることがあるのです。

これを「着床出血」と呼びます。

 

前回の生理から3週間ほどたって、不正出血が見られた場合は、
着床出血の可能性があります。
 

着床出血の色と量

 
着床出血の色や量には、個人差が大きいといわれています。


茶色っぽいドロッとしたおりものが出る、おりものがピンクに色づく、
うっすらとした出血が2~3日続くなど、ひとによって出血の仕方は様々です。

 

中には鮮血が出て、生理と間違う女性も少なくありません。


スポンサードリンク




また着床出血の量も個人差が激しく、大抵はごく微量であることが
多いのですが、中には経血と変わらないくらいの出血が見られる女性もいます。

 

着床出血は、生理予定日の1週間前からみられることが多いのですが、
数日で止まるひと、1週間以上続くひとと期間もバラバラで、生理不順の
女性の場合は、不正出血と見極めるのが難しいのが現実です。

 

着床出血と不正出血の違いを見極めるためには

 
あなたが計画妊娠を考えている場合は、基礎体温をつけているはずです。


排卵後に高温期が続き、生理予定日より前に微量な出血が
見られたときには、妊娠している可能性が高いです。

 

出血があったときには、基礎体温表で、体温の変化を確認してみましょう。

また、生理予定日を過ぎた後、
市販の妊娠検査薬で調べてみるのも一つの方法です。

 

前述した妊娠超初期症状が出ていないかもあわせてチェックし、
出血が妊娠である可能性を探ってみましょう。

 

着床出血があったら妊娠検査ができるのか

 
基礎体温の変化で着床出血が見られたとき、
フライング検査をして陰性反応が出る女性もいるようです。

ですが市販の妊娠検査薬は、尿中のhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)
の値で陽性か陰性かを判断するので、着床出血が見られた時期だと
分泌量が少なすぎて、正しい判定ができません。

 

市販の妊娠検査薬には、生理予定日を1週間過ぎてから
検査するように明記されていますが、これはhCG
(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が妊娠を継続するために
分泌され続けることで、判定の基準値に達するからです。

 

きちんと時期を守って妊娠検査薬を使えば、陽性反応が出るはずです。

参照:帝王切開2人目は何年あける?

参照:妊娠8ヶ月の仕事は辛いだるい?

 

注意が必要な不正出血

 
着床出血は、受精卵が子宮内膜に着床し、
胎盤を形成していくために必要な生理現象です。

ですが、妊娠超初期の不正出血の中には、
化学流産や子宮外妊娠が原因のこともあります。

 

長く続く下腹部痛や継続的な痛みを感じるときには、
すぐに病院で診察を受けましょう。