想像妊娠という言葉を、皆さんも一度は
聞いたことがあるのではないでしょうか。

こちらでは想像妊娠とはどのようなものなのか、
どういった症状が起こるのか、紹介していきたいと思います。

 


スポンサードリンク




 

1. 想像妊娠の症状ってどういうもの?


妊娠かもしれない、と思えるという事は
月経が来ていないという事ですね。

想像妊娠になっている人は、月経不順を引き起こしていたり、
生理の止まる無月経となっている場合もあるようです。


 

それから、吐き気・お腹が張るような腹痛、
生理前の様な胸の張り感
などが挙げられます。

これらを見てみると、どれも妊娠の初期症状と
酷く類似
している事が解りますね。

 

中には、母乳が出てくる方もいらっしゃるそうです。

 

2.想像妊娠はどうして起こる?


まず言われているのは、ホルモンのバランスの乱れです。

女性にとってホルモンバランスはとても重要で、
多すぎても少なすぎてもいけないデリケートなものです。

 

では、どうしてホルモンバランスが乱れたのでしょうか?

その原因の大半を占めているものが、
ストレスであると言われています。

 

妊活中で、妊娠をとても望み、毎月の月経が来る度に
辛い思いをしていたり、過去の流産の経験から妊娠に

大きな不安を抱えていたりと、女性にとって妊娠に
関するストレスは抗い難い絶大なものであると言えます。
また生活や環境もホルモンバランスに影響を及ぼします。

 

偏った食事や、不規則な生活を送って居ると次第に
ホルモンバランスが乱れて、想像妊娠の症状を
引き起こす原因と成り得ます。


 

3.想像妊娠はどのようにすれば治るの?


想像妊娠の一番の原因となるものは、
妊娠に関するストレスでしたね。

なので、大半は医療機関で受診するか、
妊娠検査薬などで、妊娠の事実がない事が解ると、
様々な症状が治まっていきます。

 

4.そもそも想像妊娠を防ぐには、どうしたらいいの?


想像妊娠を防ぐ為にはどうしてらいいでしょうか。

それにはまず、ストレスを溜め込まない、そして身体にも
ストレスをかけない事が大事であると言えるでしょう。
一度食生活を見直してみて、
自分に適した食事を摂りましょう。

 

規則正しい生活を心がけるだけで、
身体へのストレスは大幅に減らせるでしょう。
それと同時に、心の休息を取る事によって随分
ホルモンバランスが整うのではないでしょうか。

 

想像妊娠となる程に思いつめている方は、
心がとても疲れていると言えると思います。
妊活中の方の赤ちゃんへの渇望は相当な物だと思います。

 

両親や舅姑など、
周りからのプレッシャーも耐え難いものでしょう。

ですが、それこそが自分を赤ちゃんから
遠ざけている原因かもしれないのです。

 


スポンサードリンク




聞きわけのいい子を演じる必要はないのです。

一度そう言ったプレッシャーから
自分を解放してあげてください。

強く望んでの妊娠出産であっても、
育児は相当大変なものです。

 

産後に出来ないだろうな、と思うことを
今のうちに試してみるのも有りだと思います。
そして、過去の流産によってついた
傷は深刻なものだと思います。

妊娠に対する、流産の恐怖心が強いのならば、
一度妊娠に関する事から少しだけ離れてみるのも
手であると感じています。


参照:生後2ヶ月の赤ちゃんは笑う?うつ伏せのやり方
自分自身の心のSOSを見逃さないで、
休んであげてもいいのではないですか。

今まで頑張った自分を褒めてあげてください。

参照:生後5ヶ月の赤ちゃんおもちゃ手作りは?

 

ゆったりとした時間の中で、焦りでは無く
自然と受け入れられる心の準備が整っていくと思います。

それこそが本当の妊活なのかもしれないですね。
いかがでしたでしょうか。

 

女性にとって想像妊娠とは辛く切ないものですね。

 

食生活や生活リズムに気を配り、出来るだけ
ストレスを溜め込まない自分になれるよう応援しています。