出産をすると悪露が続きますが、
一定の期間を過ぎれば、なくなっていくものです。

ですが、中には悪露の量が増えるなど、トラブルが起こるお母さんもいます。

 

そこで今回は、産後の悪露について、お話したいと思います。

産後の悪露とは?

出産した後、お母さんは生理のときのような出血が続きます。


スポンサードリンク



これを「悪露」といいます。


 
悪露には、産後に不要になった胎盤の残りや、赤ちゃんを
包んでいた卵膜、子宮内膜、子宮内に残ってしまった血液、
リンパ液など、様々なものが含まれています。

産後の悪露は通常、1カ月もせずにおさまってきます。
 

産後の悪露の色や臭い、量について

 
産後の悪露は、時間の経過とともに色や臭い、量が変わります。

産後1週間目には、悪露の量は最大で、
中には貧血になるお母さんもいるほどです。

 

鮮血のような赤色で、血液特有の強い生臭さを感じます。

また、出血に塊が混じることもあります。

産後2週目には、1週目より量が減り、
出血の色も茶色から徐々に黄色っぽく変化します。

そして、臭いも少しずつおさまります。

産後3週目には、さらに量が少なくなり、色も淡い
クリーム色になり、臭いもそれほど感じなくなります。


 

産後4週目になると、悪露はほぼ無色で無臭になり、
終わるひとも増えてきます。
 

産後の悪露の量が増える場合

 

普通分娩の場合、順調に回復していれば、
産後1カ月程度で、悪露はほぼおさまります。

 

ですが、帝王切開で出産した場合は、経膣分娩した
お母さんより、悪露が長く続くことが多いと言われています。

また、悪露の量が増えたり、2カ月以上続く場合には、
別な病気が隠れていることもありえます。


スポンサードリンク




悪露の処理を適切に行わないと、細菌感染を引き起こしやすくなり、
子宮や膣、卵巣、卵管で炎症が起こってしまうのです。

 

それが原因で、出血量が増えたり、嫌な臭いを感じることがありますので、
産後1カ月は清潔であることを心がけ、トラブルかもしれないと思ったら、
すぐに病院で診察を受けるようにしましょう。

 

悪露の処置方法について

 
出産の準備で、産褥パットを用意するように指示されることが
多いのは、悪露の処置で必要だからです。

生理用ナプキンより厚く、おむつと見まがうほどです。

 

特に産後1週間は、産褥ショーツと一緒に使い、
こまめに取り換えるようにしましょう。

また、産褥パットを変える際に、
清浄綿で悪露をきれいにふき取るように指導されます。

 

この手間を面倒がると、細菌感染しやすくなってしまうので、
きちんとふき取るように心がけましょう。

 

また、出血量が少なくなれば、生理用パッドに移行するのはOKです。

ですが、悪露が少なくなるまでは、
必ず清浄綿を併用することを徹底してください。

参照:帝王切開産後の生理痛

参照:帝王切開後の腹帯骨盤い

 

悪露と不正出血の見分け方

 
産後すぐの鮮血や出血は、悪露であることがほとんどです。


悪露であることを見分けるには、時間の経過とともに量が
少なくなること、色も赤から茶色、黄色と変化すること、
臭いもなくなっていくことがあげられます。

 

一方、一度減った出血量が増えた、下腹部痛を伴う鮮血がある、
臭いが急にきつくなるなどの症状が出た場合は、
別な病気にかかった可能性が高いです。

 

さらに、早いひとは産後1カ月半ほどで生理が
再開することもあるので、見極めが必要です。

素人判断せず、悪露とは思えない兆候があったら、
すぐに病院で診察を受けましょう。

 
また、産後1カ月以上たっても、悪露が続く場合、
子宮内に血液が残っている可能性もあります。

出産した病院で診察を受ければ、経過をよく
理解してくれているので、異常を見つけやすいです。

 

産後1カ月検診でチェックしてもらうのはもちろん、
その後も出血が続くようなら、病院に電話して、
まず相談してみるとよいと思います。