妊娠中に、ひどい頭痛に悩まされるお母さんがたくさんいます。

普通のときと違って、鎮痛剤を飲めないことで辛い思いをすることもあります。

 

そこで今回は、妊娠中にひどい頭痛が起こる原因や
いろいろな対処法について、まとめてみたいと思います。

 

妊婦さんに頭痛が多い理由

 
妊娠超初期や妊娠初期に、これまで経験したことのない
頭痛が表れる妊婦さんも多いですが、その原因は様々です。


スポンサードリンク




まず、妊娠すると女性ホルモンのバランスが変わるので、
頭痛が起こりやすくなることがあげられます。

 

次に、妊娠中期から後期になると、お腹が大きくなり動きにくくなることで
運動不足になったり、疲れることで血行が悪くなり、それが脳の血流も
悪くしてしまうことが、原因にことがあります。

 

また、妊娠中は母体とお腹の赤ちゃん2人分の血液が必要なので、
鉄欠乏性貧血になりやすくなり、頭痛が起こりやすくなります。

最後に、妊娠高血圧症候群になっても頭痛が起こりやすくなるので、
血圧の数値には注意しましょう。

 

頭痛が起きたときの対処法

 
鎮痛剤を使わずに、頭痛を和らげる方法を、いくつかご紹介しておきましょう。


まず、偏頭痛が起きたときには、痛む場所を冷やし、
部屋を暗くして休むのが基本です。

患部を冷やすと広がっていた血管が収縮し、痛みが治まってくるはずです。


 

辛いときは、アイマスクを使うのもおすすめです。

また、偏頭痛はカフェインを摂取すると、
血管収縮効果があるので、頭痛が収まることがあります。

 

1日1杯程度であれば、コーヒーや緑茶、紅茶などを飲んでも
影響はありませんので、ティーブレイクしてみるのもよいかもしれません。

 
肩こりなど、血管が収縮することで起こる緊張型頭痛の場合は、
患部を温めると楽になります。

湯船に浸かったり、肩用のカイロをあてることで血行が良くなると、
痛みが和らいでいくはずです。

 

深呼吸をしながら、首や肩をマッサージすると、
血行が促進されるので、同じような効果が見込めます。

 
頭痛の原因が妊娠高血圧症候群だった場合には、
食事療法を含めた治療が必要です。


スポンサードリンク




妊婦健診まで日があるようなら、
早めに病院を受診して、対処する方がよいでしょう。
 

妊婦さんが飲んでよい鎮痛剤もある

 
妊娠中にお母さんが服用した薬が、
お腹の赤ちゃんに悪影響を与えることがあります。

中でも「アスピリン」を含む鎮痛剤は、妊娠1~15週に服用すると、
奇形児が生まれる確率があがると言われています。

 

「バファリン」や「ケロリン」など、
アスピリンが含まれた市販薬は飲まないようにしましょう。

 
一方で、比較的効果が弱いことから、妊婦さんでも
飲める痛み止め成分には、「アセトアメノフェン」があります。

「ノーシン」や「タイレノール」などは、アセトアメノフェンを
主成分にしているので、妊婦さんでも服用することができます。

 

ただし、説明書を読み、用法・用量を守ることが大前提です。

参照:妊娠8ヶ月お腹は下に下がる?

参照:新生児の目は開かない、腫れぼったい

 

ロキソニンやカロナールは服用して大丈夫か

 
ロキソニンとカロナールは、病院で処方されることが多い鎮痛剤です。


まず、ロキソニンについてですが、妊婦さんが服用して安全か
どうかの判断が確立されていないので、服用前には医師への相談が不可欠です。

 

市販のロキソニンの説明書には、出産予定日の12週前から服用
しないように書かれていますので、妊娠がわかった時点で
市販薬を飲むのは止め、医師に相談してみましょう。

 

カロナールは、アセトアメノフェンが主成分となっているため、
妊婦さんに処方されることが多かったようです。

 

ですが、妊娠後期にカロナールを服用すると、
「新生児遷延性肺高血圧症」という、お腹の赤ちゃんの動脈管が
収縮する症状を引き起こすことがわかってきました。

 


こちらも服用に際しては、医師に相談しましょう。