初産の場合は特に、里帰り出産を検討する
お母さんが多いのではないでしょうか。

もし里帰り出産をする場合、どんな準備が必要なのか、
いつからいつまで滞在するものなのかなど、お母さんが
気になるだろう事柄について、まとめておきたいと思います。
 

里帰り出産とは何か

 
里帰り出産とは、出産の際にいま住んでいる地域ではなく、
実家に戻って出産を迎えることをいいます。


スポンサードリンク




出産後、退院をしたとしても、床上げまでは家事や育児の
サポートを受けられる方が、お母さんの回復が早いものです。

 

里帰り出産なら、実のご両親なので、食事や洗濯などを
お願いしやすく、育児に専念できるというメリットもあります。

初めての育児は余裕をなくしがちなので、育児の大先輩で
あるご両親のサポートを受けながら、しっかり身体を休める
ことのできる里帰り出産はおすすめです。

 

里帰り出産のために準備しなければならないこと

 
もし、あなたが里帰り出産を望んでいるなら、
お父さんと事前にきちんと話し合っておくことが大事です。

実家が遠方な場合は特に、里帰り出産だと出産の立ち合いが難しい、
お父さんが新生児の成長を目の当たりにできないというデメリットもあります。

 

かといって現住所での出産では、床上げまでのサポートを
誰がどういう形でするのかという問題が発生します。

よく話し合い、お父さんが納得してくれたら、里帰り出産をするための
病院のリサーチを始め、候補に選んだ病院に問い合わせてみましょう。

 

実家のある地域に産婦人科の病院が少ない場合、
里帰り出産を受け入れてくれない可能性もあります。

里帰り出産を受けてくれる病院が見つかったら、いま通っている
病院にもその旨を伝え、紹介状を用意してもらえるように段取りしておきましょう。

 

また、里帰り出産を受け入れる病院でも、
妊娠20週目までに分娩予約を入れる必要があります。


スポンサードリンク




分娩予約を入れるためには、事前に里帰り出産をする病院でも
妊婦健診を受けなければならないので、一度実家に戻って、診察を受けましょう。

 

里帰りの期間はどれくらいがベスト?

 
里帰り出産をする場合、通常は正産期に入る前、
妊娠32~35週に実家に戻るお母さんが多いようです。

産休をとるお母さんが増えていることも、
このタイミングで里帰りするひとが多い理由と考えられます。

 

正産期に入ると、いつ陣痛や破水が起こってもおかしくありませんので、
移動時間が長い場合は特に、早めに里帰りすることをおすすめします。

 
そして、出産後に自宅に戻るタイミングとしては、
産後の1カ月検診を終えてからというひとが大半です。

 

長いひとは、赤ちゃんの首が座る生後3カ月くらいまで
実家にいることもあるようですが、その点はお父さんや
実家のご両親と話し合って決めなければ、後で余計な
トラブルを生む可能性があるので、注意しましょう。

 

実家が近い場合の里帰り出産

 
いま通っている病院を変えなくてもよいくらい、自宅と実家が近い場合は、
いつから里帰り出産したらよいのかと、疑問に思うお母さんもいることでしょう。

出産前に実家に戻るタイミングには、個人差があるようです。

 

一人で陣痛を迎える不安から早めに実家に帰るひともいれば、
産前は自宅にいて、出産後に退院してから実家に直行するというひともいます。

お父さんやご両親と話し合って、決めましょう。

 

ですが、上にお子さんがいる場合は、早めに里帰りしておく方が安心です。

参照:妊娠4ヶ月はエコーで性別が男の子か女の子か

参照:妊娠8ヶ月のエコーで異常

 

移動手段も確認しておこう

 
里帰り出産をするためには、移動をしなければなりません。

もし、飛行機で帰らなければならない場合は、
航空会社の規定を事前に調べておきましょう。

 


搭乗前に診断書の提出や、産科医の同伴がないと、搭乗できないこともあります。