妊婦さん向けの書籍や雑誌、ホームページを見ていると、
「妊娠中はカフェインを控えましょう」という記述を、よく見かけるはずです。

 

そこで、妊娠中にカフェインを摂取することでの影響や、
どの程度なら問題がないかについて、お話したいと思います。

 

カフェインの作用

 
カフェインは、コーヒーやお茶、ココア、コーラなどにも多く含まれています。

中枢神経を興奮させる作用があるので、
日中の眠気覚ましにピッタリだったり、利尿作用もあります。

 


スポンサードリンク




また、自律神経の働きや集中力、作業能力を高めたり、
疲労抑制や基礎代謝の促進にも効果があるとされています。

 

妊娠中のカフェイン摂取は気をつけた方がいい?

 

妊娠中は、体内でいろいろな変化が起こっており、
カフェインの分解に時間がかかってしまいます。

そのため過剰に摂取すると、胎盤を通じてお腹の赤ちゃんに
カフェインが移行し、お母さんの身体と同じくらいの濃度になります。

 

すると、お腹の赤ちゃんも覚醒・興奮してしまうだけでなく、
流産や早産、低体重での出産、発達障害の原因になるなど
のリスクを抱える可能性が高まります。

 

それと同時に、尿からカルシウムの排泄を促したり、体内の
タンニンがカフェインと結びつくことで鉄分の吸収を妨げるなど、
お母さん自身にもよくない影響を与えるのです。

 

どのくらいの量なら気にしなくていい?

 

とはいえ、カフェインの悪影響が出るのは、
あくまでも過剰摂取をしたときだけです。

アメリカやカナダでは1日300mg、イギリスでは
1日200mgまでの摂取は、問題がないとされています。

 

日本の厚生労働省は明確な基準を設けていませんが、
1日150~200mg、カップに1~2杯程度のコーヒーや紅茶、
お茶の摂取は問題ないと考えてよいでしょう。


スポンサードリンク





ちなみにカップ1杯あたりに含まれるカフェインの量は、
コーヒーで50~100mg、ティーバッグの紅茶で30mg、
煎茶やウーロン茶、ほうじ茶で20~40mg、抹茶で48mg、

 

玉露で200mg、350ml缶のコカ・コーラで34mg、
50gの板チョコで20mg、ココアで10~20mgとされています。
 

コーヒーの過剰摂取量の目安

 
コーヒー好きな方は、1日に何度も飲むことと思いますが、
過剰摂取の目安と影響を考えると注意が必要です。

妊娠初期にコーヒーを1日8杯以上飲むと、
400~800mgのカフェインを摂取することになります。

 

すると、カフェインを過剰摂取しないお母さんより、
流産や早産のリスクが何倍も高まるのです。

妊娠初期に1日4~7杯飲むお母さんでも、流産と早産の
発症リスクは2倍になるといわれていますから、元気な赤ちゃんを
産みたいなら、節度を持って飲むように意識すべきでしょう。

 

参照:帝王切開後の寝方や運動!

参照:排卵日の症状と期間!

 

たまに楽しむ程度はOK!

 

とはいえ、これまで大量にカフェインを摂取してきたお母さんが、
妊娠を機にすべてを止めようとすると、頭痛や身体のだるさ、
イライラなどといった禁断症状が起こることがあります。

 

1日に摂取するカフェインの量に気をつけながら、1回に飲む量を
減らしたり、徐々にノンカフェインのコーヒーやお茶に切り替えるなど、
少しずつ減らす努力をしていくとよいでしょう。


 
たんぽぽの根からつくられているたんぽぽコーヒーは、ノンカフェインなうえ、
妊娠中のむくみ防止や、産後の母乳の出を良くする優れものです。

 

また、大の紅茶好きの方は、カモミールやローズヒップといった、
ハーブティーに換えてみるとよいでしょう。

 
スターバックスやタリーズなどのコーヒーショップでも、
カフェインフリーの飲み物が用意されています。

 

カフェ気分を楽しみながら、カフェイン摂取を控える方法は
いろいろありますので、ストレスにならない程度に取り入れてみてください。