正産期に入ると、妊婦健診を受ける間隔が短くなります。


そのため、おしるしと内診での出血を間違うお母さんも増えてきます。
そこで、おしるしと内診出血の違いについて、まとめておきたいと思います。
 

おしるしって何?

 
おしるしとは、出産が近づき、子宮口が開く際に赤ちゃんと包んでいる
卵膜が子宮壁からはがれることで、起こる少量の出血のことをいいます。

子宮頸管の粘液と混ざることから、ねばねばとした透明な液体に
うっすらピンクの出血が見られる程度のお母さんもいるほどです。


スポンサードリンク




中には透明のおりものだったので、
おしるしだと気づかないお母さんもいます。

 

おしるしの出血は、ピンク色や茶褐色、生理時のような鮮血、
おりものに血が混じっているような感じであることが多いと
いわれていますが、あくまで目安でしかないことを覚えておきましょう。

出産前に必ずおしるしがあるわけではなく、
破水や陣痛が先に起こるお母さんもいます。
 

内診出血って何?

 
妊婦健診では、内診を行います。


内診を行う理由は、膣の硬さや子宮口の開き具合など、
超音波検査ではわからない情報を得るためです。

 

膣が柔らかくなり、子宮口が開いてくると、出産が近づいている兆候です。

同時に、産道に腫れや傷がないことを確認しています。

そのため、内診を避けて通ることはできないのです。
妊娠中は膣の状態がデリケートになるので、
傷つきやすくなり、出血しやすくなっています。

 

そのため、内診後に出血が見られるお母さんが多いです。

これは、避けられない出血といえます。

 

おしるしと内診出血は見分けられるのか

 
正産期の出血は、おしるしかもしれないですから、
内診出血との見分け方が知りたいと思うお母さんもいることでしょう。

ですが、おしるしと内診出血は、量や色では見分けることができません。

内診をした後の出血なのか、ごく少量なのか程度の違いしかないのです。


スポンサードリンク




おしるしも、1日でおさまることもあれば、数日続くこともあります。

お腹の張りがないか、痛みがないかなどを基準に、判断するしかないでしょう。

 

おしるしや内診出血があったときの対処

 
おしるしは、基本的に長く続くことはありません。
そのため、生理用ナプキンを充てるだけで十分です。

内診出血も同様で、少量の場合はおりものシートでも対応できます。

 

妊娠7ヶ月お腹の大きさ突っ張る?

妊娠6ヶ月の体重増加の平均

 

正産期で注意が必要な出血とは

 
おしるしや内診出血は、すぐにおさまるのが普通です。


もし、何日間にもわたって、ダラダラと出血するような場合は、
何か問題がある可能性があります。

 
おしるしにしては出血量が多かったり、ひどい腹痛を伴っていたり、
血の塊が混ざっているようなら、子宮で異常が起こっているサインかもしれません。

お腹の張りや腹痛がないかどうかを、きちんとチェックしましょう。

 

陣痛は、腹痛の間隔が規則的で、少しずつ痛みが増すという特徴を持っています。

もし、激痛や急なお腹の張りを感じたときには、
常位胎盤早期剥離である可能性もあります。

 

サラサラした大量の出血が続くときには、異常出血かもしれません。

自分で判断せずに、まずは病院に問い合わせをして、指示を仰ぎましょう。
また、内診をした際に傷ができ、そこから感染症に進むこともあります。

 

内診出血があり、その後に膣がヒリヒリ痛むなどの症状が出たときには、
すぐにお医者さまに相談することをおすすめします。

 
おしるしがあっても、お風呂に入ることに問題はありません。

 

むしろ、身体が冷えていると、陣痛がきにくくなるので、
温めるために湯船につかるのはよいことです。

ですが、出血が続いていたり、量や回数が多いと感じたときには、
感染症を避けるためにも、入浴はせず、シャワーで済ませる方が無難です。

 

気になるようなら、妊婦健診を待たずに、病院を受診しましょう。