おしるしは、陣痛が始まる日が近づいていることを、
知らせてくれるサインです。

 

ですが実際には、おしるしがないまま出産を迎えるお母さんもいます。

そこで、おしるしから陣痛までの流れも含めて、
説明しておきたいと思います。

 

おしるしは、どうして起こるのか

 
出産が近づくと、お腹が張りやすくなるとともに、子宮口が開いてきます。

すると、赤ちゃんを包んでいる卵膜が子宮壁からはがれ、
少し隙間ができます。


スポンサードリンク




そのときに起こる少量の出血を、おしるしといいます。

 

陣痛前におしるしがあるお母さんは、
実は産婦の約半数程度といわれています。

 

おしるしの色や量には個人差がある

 
一般的にはおしるしの出血は少量で、
粘り気がある状態であることが多いです。

そのため、ピンク色や茶褐色、生理のような出血、
おりものの中に血が混ざっている感じというケースがほとんどです。

 

また、一度しかないひともいれば、生理のように何日か続くひともいます。

「出血量が多い」「長時間にわたってダラダラと出血する」
「ひどい腹痛を伴う」「おしるしに血の塊が混ざっている」

 

という場合は、何らかのトラブルが起こっている可能性があるので、
すぐに病院に連絡した方がよいですが、
それ以外のときには神経質にならなくて大丈夫です。

 

もし、おしるしに気づいたら、まず時間と量を確認し、
腹痛の有無も含めて、メモしておくようにしましょう。
 

おしるしがこないまま陣痛が始まることもある

 
お産の始まり方はひとそれぞれで、おしるしがこないうちに、
破水や陣痛がくるお母さんも少なくありません。

おしるしの前に破水してしまった場合は、放置すると
感染症にかかるリスクが高まるので、すぐに病院を受診しましょう。

 
また、おしるしがなくても、お腹の張りの間隔が規則正しい場合、
陣痛がきている可能性が高いです。

初産の場合は、陣痛の間隔が10分になったら、経産婦の場合は
15分間隔になったら、病院に連絡するようにしましょう。

 

おしるしから陣痛への進むまでの平均時間

 
おしるしから陣痛に進むまでの平均時間を知りたいと
思うお母さんが、案外いるようです。

ですが、お産は個人差が大きく、平均時間を割り出すことはできません。

 

一般的には、おしるしがあった日から数日の間に、
出産まで進むことが多いようです。


スポンサードリンク




中には、おしるしから1週間を経過してから、出産したお母さんもいます。

 

正産期に入ったら、入院の準備などをしていると思いますが、
おしるしがあったら出産が近いサインだと思い、家を空けても
よいように整理をしたり、陣痛がきやすくするためにお風呂に
入って身体を温めるなど、できることをやっておきましょう。

 

着床出血いつごろ?

妊娠週数お腹の大きさ

 

おしるしからお産までの流れ

おしるしがあったら、分娩を経て、赤ちゃんと対面することになります。

分娩第一期になると、
生理痛や下痢痛のような痛みの間隔が5~10分になります。

その時点ではまだ、子宮口が0~3cmしか開いておらず、
合間に食事をとる余裕があります。

 

子宮口が4~7cm開くころには、陣痛の間隔が3~5分になり、
痛みも少しずつ激しさを増します。

子宮口が8~10cm開くころには、陣痛の間隔が2~3分になり、
強い痛みを感じ、いきみたくなってきます。

 

ですが、まだいきんではいけない時期なので、我慢しなければなりません。
分娩第二期に進むと、子宮口が全開になり、陣痛の間隔も1~2分になります。

ここまできたら、分娩台で強い痛みに合わせていきみます。

 

すると赤ちゃんが下がり、誕生します。
分娩第三期には、後産があります。

出産後15~30分で、はがれた胎盤が娩出されます。
ここまできたら、お産は終了です。

 

おしるし後の陣痛の経過や出産の流れを知り、心の準備をしておきましょう。