出産を控えるお母さんなら、
「おしるし」という言葉を聞いたことがあると思います。

でも実際には、どんな時期に起こるのか、色や量は
どうなっているのか、よく知らないお母さんも多いのです。

 

そこで今回は、おしるしとは何か、
それがきたらどうしたらよいのかを、まとめておきたいと思います。
 

おしるしとは何か

 
おしるしは、医学用語では「産徴」といい、
出産が近づき、子宮口が開いてきたときに起こります。


スポンサードリンク




これは、卵膜というお腹の赤ちゃんを包んでいる膜と子宮壁の
間に隙間ができることで、少量ですが出血してしまうことが原因です。

 

一般的には、おしるしがあってから数日の間に陣痛が始まるといわれていますが、
それがないまま出産を迎えるお母さんも半数近くにのぼります。
 

おしるしの時期と回数

 
おしるしは、出産当日から3日程度前に見られることが多いといわれています。


ですが、1週間以上前におしるしが見られたり、
3日間出血が続くお母さんもいます。

個人差が大きなものなので、おりものがほんのり色づくだけで、
気が付かない方もいるのです。
 

おしるしの色と量

 
おしるしは、少量の出血を伴う、
少し粘り気のある状態のおりものであることが多いです。

色はピンクや茶色、褐色などが多いといわれていますが、
ほぼ無色のひとも、鮮血が出るひともいます。

 

その量も個人差が激しく、下着に少量がついただけというお母さんから、
生理のように出血したひとまで様々です。

正産期に入って、少量でも出血が認められたら、
おしるしかもしれないと、心しておきましょう。
 

おしるしがきたらどう対処する?

 
おしるしがあっただけで、お腹の張りなどを感じていない場合は、
別に安静にする必要はありません。

お腹の張りや痛みがないかどうかは気にした方がよいですが、
いつも通り家事などをするのは問題ないです。


スポンサードリンク





とはいえ、その後に陣痛が始まる可能性もあるので、
動けるうちにやっておいた方がよいことをまとめておきます。

 

産後はゆっくりお風呂に入れなくなりますし、身体が冷えていると
陣痛が起きにくいので、ゆっくり湯船につかって温まっておきましょう。

おしるしがあっても、入浴するのには、問題はありません。
そして、おしるしで汚れた下着などを含め、早目に洗濯をしておきましょう。

そのまま陣痛が起こると、退院まで洗濯ができないことも考えられます。
入院準備品のチェックも、済ませておきたいことの一つです。

 

出産に必要なものだけでなく、
赤ちゃんの洋服なども一緒にまとめておきましょう。
最後に、家を空ける準備をします。

 

食材の整理や常備菜づくりなど、身体に負担がない程度に
やっておくと、退院後に無理して動かずに済むはずです。

 
すぐに病院に連絡した方がよい場合もある
おしるしは、正産期である妊娠37週以降にあるのが普通です。

 

それより早く、粘り気のある少量の出血がみられた場合、
早産になる可能性があります。

そして、

「おしるしの量がとても多い」
「おしるしの匂いが強い」
「生理のように出血が長く続く」

「お腹の張りを感じる」
「下腹部痛がある」
「おしるしに血の塊が混ざっている」

 

場合には、すぐに病院に問い合わせた方が無難です。

別なトラブルが隠れている可能性があります。

 

また、破水や陣痛が起こったときにも、すぐに病院に連絡してください。

妊娠超初期症状

排卵日の症状と期間!
 

おしるしがあっても慌てずに過ごそう

 
特に初めての出産を迎えるお母さんは、出産が
近づいておしるしがあると、慌ててしまうことが多いようです。

また、出産予定日なのにおしるしがなくて、不安に思うお母さんもいます。

 

ですが、おしるしがあってもなくても、
時がくれば陣痛が始まり、出産することになります。

陣痛が始まるまではリラックスして過ごし、出産の時を待ちましょう。