経産婦は、過去に出産の経験がある分、
余裕をもって妊娠生活を過ごすことができます。

 

ですが、その経過は初産のときとまったく同じということではありません。

そこで今回は、経産婦の出産週数やその
兆候などについて、まとめておきたいと思います。
 

経産婦の出産週数が早いというのは本当か

 
出産経験があることから、経産婦は初産のときより、
子宮口や産道は開きやすくなっています。


スポンサードリンク




そのため、陣痛が始まれば、お産の進み方は早いといわれています。

 

とはいえ、「前回の出産から3年以上経過した場合は初産と同じ」
という説もあり、楽観視するのはよくありません。

 
また、「経産婦の出産は予定日より早くなる」という通説が
あるようですが、これにも根拠はないのです。

出産のタイミングは、母体とお腹の赤ちゃんの
状態によるもので、個人差があります。

 

初産は出産予定日前だったのに、2人目以降は予定日を
過ぎたというお母さんも、たくさんいます。

妊婦健診をきちんと受けて、出産を待ちましょう。
 

経産婦のお腹は大きくなりやすい

 
なぜ、出産週数が早いと思われがちなのかを考えてみると、
その理由の一つに経産婦はお腹が大きくなりやすいことがあげられます。

過去に一度ふくらんだことのある子宮や腹壁は、
初めての妊娠のときより伸びやすくなっています。
 

そのため、妊娠週数が早くても、お腹がふくらみやすのです。

 
ですが、早い時期からお腹が大きくなるからといって、
赤ちゃんが大きくなるわけではなく、
出産の際の大きさにはさほど違いはありません。

とはいえ、マタニティウエアは早目に用意した方がよいなど、
知っておくと対処できることがあります。

ぜひ、覚えておいてください。

 

経産婦の出産の兆候

 
経産婦であっても、陣痛の兆候に変わりはありません。


復習のために陣痛の兆候をまとめておくと、

 

「お腹が張りやすくなる」
「お腹が下がったように感じる」
「胎動が少なくなる」


スポンサードリンク




「トイレの回数が増える」
「足がつりやすく、付け根が痛む」
「おりもの量が増える」
「食欲が増進する」
 

「夜、寝付けなくなる」
「日中に急激な眠気を感じる」
「おしるしがある」などがあげられます。

 
その後、子宮収縮が始まり、規則的にお腹が張るようになります。

ここで気を付けておきたいことが、陣痛の間隔です。

 

陣痛の間隔とは、お腹に張りを感じてから、一度治まって、
再び張りを感じるまでの間の時間を指しますが、初産の場合は
10分間隔になってから病院に連絡すれば問題ありません。

 

ですが経産婦は、子宮口や産道が開きやすくなっているため、
陣痛が15分間隔になった時点で連絡をした方がよいのです。

正産期が近づくと、お医者さまや助産師さんから
指示があると思いますので、それに従うとよいでしょう。

 

妊娠5ヶ月の胎動は感じない?

妊娠8ヶ月の仕事は辛いだるい?

 

経産婦は後陣痛が強いって本当?

 
後陣痛とは、出産後に子宮が元の大きさに戻ろうと、
収縮する際に起きる痛みです。

後陣痛の痛みにも個人差があるのですが、初産婦より
経産婦の方が強い痛みを感じることが多いといわれています。

 

これは、初産は陣痛が始まってから出産までにかかる時間が長いので、
その分、子宮収縮にも時間がかかるからです。

経産婦の場合は、陣痛が始まってから出産までの時間が
半分以下になることも珍しくないので、産後の子宮収縮も早くなってしまいます。

 

後陣痛が強いということは、子宮の回復が早いことでも
ありますので、仕方がありません。

とはいえ、後陣痛が辛いときには無理せずに安静に過ごす、
痛みが強いときには鎮痛剤を服用するなどして、体調の回復をはかりましょう。

 

また、身体を冷やさないようにする、うつぶせになる、リラックスするなども、
陣痛を和らげるのに効果があるとされています。


ぜひ、試してみてください。