出産前にお腹に痛みを感じることがありますが、
そのすべてが陣痛ではありません。

前駆陣痛と呼ばれる、本陣痛の予行練習のような痛みもあるのです。

 


スポンサードリンク




そこで今回は、前駆陣痛とは何か、起こってから出産まで
どれくらいの時間がかかるのか、痛みの強さなどについて、
まとめてみたいと思います。
 

駆陣痛とは何か

 
臨月に入ると、お腹の張りや痛みを感じることが増えます。


痛む間隔が不規則で、痛みの強弱も不安定なときは、前駆陣痛です。

 

出産に向けて、徐々に身体を慣らしていくために起こるといわれています。

前駆陣痛は、妊娠36週から40週の間に起こることが多いですが、
実際には個人差があります。
 

前駆陣痛の症状とは?

 
前駆陣痛の症状の出方も個人差が大きいのですが、お腹の張り、
生理痛のような痛み、腰痛を感じるひとが多いようです。

不快感や圧迫感を感じたり、姿勢を変えると治まることもあるといいます。

 

陣痛は痛みが規則的に起こりますが、前駆陣痛は不規則で、
息をつく暇もないくらい痛みが続くことも、痛んだことを
忘れたころに痛みが戻ってくることもあります。

 

ですが、本陣痛ほどの痛みはなく、
時間の経過とともに痛みが強くなるということもありません。

 

本陣痛の症状とは?

 
本陣痛の症状には、規則的なお腹の痛み、時間の経過とともに
痛みが強くなり、お腹の痛みが少しずつ全体に広がっていく、
姿勢を変えても痛みがおさまらないなどがあげられます。

 

本陣痛は、陣痛が10~15分単位で起こるのが普通です。

 

明らかに前駆陣痛とは違うので、間違うことはないでしょう。

 

前駆陣痛から本陣痛になるまでの間隔は?

 
一般的なお産の場合、前駆陣痛からおしるし、本陣痛という経過で進みます。


ですが、前駆陣痛とおしるしが同時にきたり、
破水してから陣痛がくることもあります。

 

前駆陣痛が来たからといって、すぐに本陣痛まで進むわけでは
ありませんが、出産が近いというサインではあります。


前駆陣痛から本陣痛に以降する際には、痛みの周期がだんだん
規則的になり、痛みも徐々に強く長くなります。


スポンサードリンク




 
分娩にかかる時間は、第1期(潜伏期・活動期)・第2期(娩出期)
・第3期に分かれますが、第1期から第3期までにかかる時間は、
初産婦で約15~16時間、経産婦で約6~8時間といわれています。

 

前駆陣痛と本陣痛の痛み

 
前駆陣痛で感じる痛みは、生理痛のようなものもあれば、
お腹をギューッと絞られるようなものというお母さんもいます。

痛みではなく、お腹の張りや腰の痛みを訴えるお母さんもいて、
その症状は一概にいえません。

 

共通していることは、その痛みが起こる間隔が不規則なことと、
痛みが長引いても強くなっていくことはないことです。
陣痛の痛みは、段階によっても変わります。

 
第1期でも潜伏期のときは、痛みがくるのは30~60秒程度ですし、
5~10分間隔になってはいても、動けないほどの痛みではありません。

 

第1期の活動期に入ると、陣痛の時間が45~60秒と長くなり、
赤ちゃんが産道に向けて下りてくることで、下腹部や腰が痛むお母さんが多いようです。

この活動期は、初産婦だと5~7時間、経産婦だと2~4時間に及びます。

 

第2期の娩出期になると、子宮口が全開になり、痛みのピークです。

陣痛は60~90秒続き、間隔も30~90秒と、ひっきりなしな感じです。

 

子宮口が全開になってから胎児を娩出するまで、初産婦で
45~90分、経産婦で30~60分が一般的です。


 
第3期は、胎盤を排出するまでにあたります。

軽い痛みがあって、数分から30分ほど、痛みが続きます。
このように、前駆陣痛と本陣痛ではまったく痛みが異なります。

 

ただし、初産婦と経産婦ではお産の進み方も異なるので、
自己判断せず、何かあったらすぐに病院に連絡してください。