初産婦と経産婦では、出産の進み方が違います。

 

そのため、陣痛の兆候から出産までの経過を、
きちんと理解しておくことが大事です。

そこで今回は、初産と2回目以降の陣痛から出産までの
違いを中心に、お話したいと思います。
 

陣痛とその兆候

 
陣痛とは、お腹の赤ちゃんを出産するために、
子宮が収縮することで起こる痛みをいいます。


スポンサードリンク




正産期に入ると、お腹の張りや弱い生理痛のような痛みを
不規則に感じるようになりますが、これは前駆陣痛といわれるものです。

この痛みが規則的になったら、それは本格的な陣痛の兆候です。

 

陣痛間隔の計り方

 
陣痛の間隔とは、子宮収縮の痛みが始まってから、一度おさまり、
また痛みが始まるまでの時間のことをいいます。

例えば陣痛間隔が10分というのは、30秒前後の痛みを感じて、
その後9分30秒は痛みを感じない時間を含んでいます。

 

この陣痛の間隔は、出産が進むにつれて、だんだん短くなります。

初産婦の場合は、陣痛の間隔が1時間に6回以上、
つまり陣痛間隔が10分になった時点で、
病院に連絡をするのが基本です。

 

ですが、経産婦の場合は陣痛間隔が15分になったら、
連絡するように指示されることが多いはずです。

その理由は、次章以降で説明します。
 

陣痛から出産の経過

 
出産は、分娩第一期・分娩第二期・分娩第三期に分かれます。
分娩第一期は開口期といい、本格的な陣痛が始まって、
子宮口が全開になるまでの時間を指します。

 

分娩第一期はさらに、準備期・進行期・極期に分かれます。

準備期だと子宮口が0~3cm開大し、陣痛時間は20~30秒、
陣痛の間隔は8~10分で、痛みもそれほどではありません。

 


スポンサードリンク




進行期だと子宮口が4~7cm開大し、陣痛時間は30~45秒、
陣痛の間隔は4~7分で、痛みがだんだん強くなっていきます。

極期だと子宮口が8~9cm開大し、陣痛時間は45~60秒、
陣痛の間隔は2~3分で、痛みが非常に強くなり、
いきみを我慢するのが大変になります。


 
分娩第二期は娩出期といわれ、子宮口が10cmに全開し、
赤ちゃんが誕生するまでの時間をいいます。

陣痛時間は60~90秒で、陣痛間隔は1~2分となり、
痛みがピークになります。

 
分娩第三期は後産期といわれ、赤ちゃんが生まれてから
胎盤が出るまでの時間を指します。

妊娠後期お腹の張りと胎動!

帝王切開の産後は痛い?

 

初産婦と経産婦の違い

 
初産婦と経産婦では、陣痛が起こってから
出産するまでの流れに違いが生まれます。

 
まず第一分娩期の所要時間ですが、初産婦が10~12時間
かかるのに対して、経産婦は4~6時間といわれています。

この時点で、必要な時間が半分程度まで、
短縮されていることがわかるはずです。

第二分娩期に入って赤ちゃん誕生までにかかる時間も、
初産婦で1~2時間、経産婦で30分~1時間と短くなります。

 

第三分娩期にかかる時間には、差がないようです。

 
このように、経産婦は初産婦に比べると、陣痛が始まってから
出産までにかかる時間が短いので、陣痛間隔が15分になったら
病院に連絡するようにいわれるのです。

 

ただし、経験があるからといって、
トラブルなく安産で出産できるとは断言できません。

初産が安産でも、2回目は難産になるお母さんも少なくないのです。

 

また、初産のときより年齢があがっているのですから、
自分の体力を過信するのはおすすめできません。


さらに経産婦の場合は、上の子がいますので、誰に面倒を
見てもらうのかなど、考えておかなければならないことも、たくさんあります。

 

入院準備も含めて、早め早めに行うことを意識してください。
また、経産婦は初産婦と比べると後陣痛が強く出ることが多いそうです。

 

これは、子宮の回復が早いことの証明でもあるので、
後陣痛が辛いときには、きちんと休養することを心がけてください。