初産婦であろうと、経産婦であろうと、
陣痛が起こって出産することに変わりはありません。

 

ですが、初産婦の方が自分の身体の変化に敏感な傾向が強く、
経産婦が感じている頭痛や胃痛が実は陣痛の前兆だったという話も、
よく見聞きします。


スポンサードリンク




そこで今回は、初産と経産婦の陣痛や出産の違いを中心に、
その前兆についても、お話したいと思います。

 

陣痛の前兆とは

 

 

臨月と呼ばれる正産期に入ると、
お母さんの身体は出産モードに入っていきます。

本格的な陣痛が起こる前兆として、
不規則にお腹が張る前駆陣痛が起こります。

 

痛みがすぐにおさまる、痛みの間隔が不規則、痛みに強弱が
あるなどの場合は、前駆陣痛なので心配はいりませんが、
そこから本格的な陣痛に進んでいくこともあります。

 

また、正産期に入ると、赤ちゃんの頭が骨盤内におさまるので、
お腹のふくらみが下がります。

そのため、胃がスッキリするので、食欲が増すお母さんが多いです。

 

骨盤に赤ちゃんの頭が固定され、身体も大きくなっていることから、
子宮内で動けるスペースがなくなり、胎動が減ることが多いです。

 

 

陣痛の前兆だとわかりにくい兆候

 

 

妊娠中に便秘に苦しむお母さんが多いのですが、
正産期に入ると下痢をするひとが増えてきます。

これは、出産が近づくとプロゲステロンという黄体ホルモンの
分泌量が減り、腸の機能が正常に戻ることで起こります。

 

そのため、下痢による腹痛を感じることがあるのです。

下痢がひどくなると、脱水症状を起こすことがあるので、
軽視せずに、こまめな水分補給を意識してください。
また、正産期に頭痛を感じるひとも多いです。

 

これは、お母さんの鉄分と水分が不足しているのが原因です。

鉄分やビタミンBの多い食事や水分補給を意識すると、症状が改善されるはずです。
場合によってはお医者様に相談し、鉄剤を処方してもらいましょう。


スポンサードリンク




そして、胃痛が起こるお母さんもいます。

 

これは、陣痛を引き起こすオキシトシンという女性ホルモンには、
子宮だけでなく胃腸を収縮される作用があり、吐き気や痛みを起こすことが原因です。

 

正産期に入って胃痛を感じるようになった場合は、
出産の兆候である可能性が高いです。

 
腰痛も、陣痛の兆候として表れることがあります。

赤ちゃんの頭が骨盤におさまることで負担が大きくなり、骨盤周辺の
筋肉に負荷がかかることから、腰痛を引き起こしてしまうのです。

 

正産期に入るまでに腰痛を感じたことがなかった
お母さんの場合は特に、陣痛の兆候かもしれません。

新生児の目は開かない

双子妊娠の確率!エコーいつわかる?

 

初産婦と経産婦の違い

 

こうした陣痛の兆候は、初産婦でも経産婦でも同じです。

また、おしるしから始まったり、破水が先だったりと、
お腹の赤ちゃんによっても、その前兆の表れ方は異なるので、
出産の経験があるからと、安心しすぎるのはよくありません。

 

それは、経産婦は初産婦に比べ、お産が進みやすく、
分娩にかかる時間が短くなる傾向が強いからです。

個人差はあるものの、2度目の出産以降は、初めての
出産の半分程度の時間で、子宮口が全開になるといわれています。

 

子宮口が全開になってから出産までにかかる時間も短くなりがちなので、
入院に備えた準備は早目にしておくにこしたことはありません。

 

初産婦であれば、病院に連絡を入れるのは陣痛の間隔が
10分になってからでよいですが、経産婦は15分間隔に
なった時点で連絡するよう、指示されることが多いです。

 

また、出産で入院する間、上の子供をどうするかも、
事前に考えておく必要があります。

初産と同じ感覚で対処していると、いきなりお産が進んでしまうことも
ありえますので、何事も早め早めに準備しておくことを心がけてください。

 

それが、リラックスして出産に臨む秘訣でもあります。