可愛い赤ちゃんを授かり、授乳から離乳食、たっち、あんよと進み、
だんだん手がかからなくなってくると、2人目の子供をいつ産むのか、
考え始めるお母さんも多いのではないでしょうか。


 

ですが共働き家庭の場合は、
仕事との兼ね合いでタイミングを見計らうことが必要です。


スポンサードリンク




そこで今回は、2人目の子供を授かるタイミングについて、
考えてみたいと思います。

 

2人目を授かるタイミングと学年差

 

一般的に兄弟姉妹の年齢差で多い、2学年から4学年差で
出産した場合のメリットとデメリットを考えてみましょう。
2学年差で2人目を授かると、上の子のイヤイヤ期や赤ちゃん
返りと重なり、大変そうなイメージがあります。

 

ですが、育児の大変さが一度で終わったり、同時期に保育園や幼稚園に
在籍することで、兄弟割引や就園補助金が増加されるというメリットがあります。

また、入学と卒業がかぶらないので、まとまった出費も少なく済みます。

 

一方で、上の子に手がかかるときのつわりが大変だったり、
おむつの子供を2人抱えたり、2人とも大学に進学した場合には
経済的負担が大きいなどのデメリットもあります。

 
次に3学年差ですが、上の子の物わかりがよくなった時期に
つわりや出産があるので、安心感を感じやすいです。

上の子が、自分がお兄ちゃん・お姉ちゃんであるという意識を
持って下の子のお世話をしてくれたり、保育園に同時に通うなら
兄弟割引が適用され、幼稚園に通う際にはバッグや体操服がお下がりできます。

 

受験が同じ年に重なることで、
家族で意識を統一できることもメリットといえるでしょう。

 

反面、入園・入学が重なることが多く、進学準備が大変なこと、
入学式や卒業式などのイベントが重なる可能性が高いこと、
受験時期は一緒でも受ける学校が違うので、
個々のケアに神経を使うことは、デメリットになりそうです。

 
最後に4学年差ですが、上の子が下の子の面倒を見られるので、
家事や下の子の世話に集中しやすい、子供同士がケンカになりにくい、
入園や入学が重ならないので一度の出費が少なく済む、
子供の年齢に合わせたケアがしやすいことは、メリットといえます。

 


スポンサードリンク




ですが、育児にとられる時間が長くなる、保育園や幼稚園での
兄弟割引は受けられない、年齢により興味の対象が異なるので

一緒に楽しめることを探すのが大変、育児用品がバージョンアップ
しているので買い換えたくなる、上の子の保育園や幼稚園の行事の
ときにつわりが重いと大変という、デメリットもあります。

 

子宮頸管の平均と伸ばす方法!

子宮頸管が短い自覚症状と原因
 

働くお母さんのバースコントロール

 

働くお母さんが2人目を産む場合、保育園に
入園しやすい時期を考慮するひとも多いようです。

また、育児休業があける前に2人目を妊娠することで、
職場に戻りにくくなるという話も少なくありません。

 

妊娠あるいは育児をしている時期は、会社で重責を担うのは
現実的に難しいですから、自分のキャリアをどう考えるかという問題もあります。


 
また、1人なら病気やケガをすることがあっても、自分の時間の
やりくりで何とかしやすいですが、2人揃って法定伝染病に
かかった場合など、お母さんだけが休み続けることが難しいため、
夫や家族のバックアップが不可欠です。

 

大手企業であれば、時短勤務などの制度があるでしょうが、
中小企業で育児が理由で遅刻・早退・欠勤が多くなると、
雇用体系の変更や解雇などを求められるケースも少なくありません。

 

2人目を授かるにあたっては、考えられる事態に対して、
どのように対処するのかを、きちんと家族で話し合っておくことが不可欠です。

 

ワークライフバランスを変えるきっかけになるお母さんも多いので、
キャリアプランだけでなく、ライフプランも考慮して、バースコントロールしましょう。