妊婦健診では毎回、血圧を測定します。

これは、血圧の高低や経過を見ることで、
妊娠高血圧症候群といった病気を早期発見できるからです。

 

そこで今回は、気になる妊婦さんの血圧や高いといわれた場合の
対処法について、まとめておきたいと思います。

 

妊婦さんと血圧の数値

 
妊娠中の血圧は、「至適血圧」「正常値」「正常高値」
「妊娠高血圧症候群」に分かれます。


スポンサードリンク




「至適血圧」とは、上が120mmHg、
下が80mmHg未満の状態をいいます。


 
母体やお腹の赤ちゃんに負担がかからず、脳梗塞や心臓病、
肝臓病などを引き起こすリスクも低い数値です。

「正常値」とは、上が130mmHg、下が85mmHg未満の状態です。

 

この数値は妊婦さんの年齢に関わらずに、適用されます。

「正常高値」とは、上が140mmHg、下が90mmHg未満の状態を指します。

 


妊娠高血圧症候群の一歩手前の状態なので、
食事に気をつけるなどの対処が必要です。

「妊娠高血圧症候群」とは、上が140mmHg、下が90mmHg以上の状態です。

 

妊娠20週以降、もしくは分娩後12週までの血圧の数値が
この範囲だった場合、妊娠高血圧症候群という診断名がつきます。

 

妊婦さんが低血圧の場合

 
高血圧と違って、低血圧であれば問題がないと考えている
妊婦さんもいるようですが、その認識は間違っています。

特に妊娠初期はつわりがひどく、水分摂取量が少なくなったり、
貧血によって血圧が下がってしまうことがあります。

 

また妊娠中期から後期になると、子宮周辺の静脈が大きくなった
子宮に圧迫されることで、血液の循環が悪くなりがちです。

これも、低血圧の原因になります。

 

低血圧になると、めまいやむくみ、疲れやすいなどの症状が
出てきますので、水分と鉄分の補給を意識するようにしましょう。

 
妊婦さんが高血圧の場合  

高血圧だけでなく、尿にタンパクが出たり、むくみがある場合は、
妊娠高血圧症候群である可能性が高いです。

妊娠高血圧症候群になると、全身の血管の障害が起こり、
早産の原因になるなど、母子ともに危険な状態に落ちりやすくなります。

 


スポンサードリンク





妊娠高血圧症候群は、妊娠28週以降に起こることが多いです。

それ以前に発症すると、重症化しやすいので注意が必要です。

 

また、出産した後も、後遺症として高血圧が続くことがあります。

 

血圧を下げるための食事療法

 
妊娠高血圧症候群及び予備軍と診断されると、まず食事療法の指導があります。


妊娠さんの状態に合わせて、1日に摂取してよいタンパク質や塩分、
水分の摂取量を決め、カロリーも制限します。

 


これは、摂取カロリーが消費カロリーより少なくなるように調整するためです。

必要以上に食べることは、妊娠高血圧症候群にはよくないので、
間食を止めて、食事内容を見直さなければなりません。

 

妊娠高血圧症候群といわれたら、塩分は1日10g以下に抑えるのが基本です。

水分制限はありませんが、カロリーがない水やノンカフェインの
麦茶などを飲むようにしましょう。

 

摂取しても問題がないタンパク質は、大豆や乳製品、赤身の魚、鶏のささみです。

合わせて、血圧を下げる効果があるとされるカルシウムも、意識して摂取しましょう。

 

妊娠8ヶ月お腹は下に下がる?

妊娠超初期症状と生理前


 

妊娠高血圧症候群の予防と対処方法

 
妊娠高血圧症候群になるのを避けるためには、疲労やストレスを
ためないように、しっかり休養と睡眠をとるのが基本です。

とはいえ、安静にしてばかりいると、摂取カロリーが消費カロリーを
上回ってしまうので、適度な運動は心がけましょう。

 

家事や身体に負担がかからない程度の散歩などは、
日常生活に無理なく取り入れられるはずです。

また、精神的に安定することも、母子の健康にはとても重要です。