妊娠がわかってから出産までの間、
定期的に妊婦健診を受けることになります。

 

その頻度や内容は、妊娠の初期・中期・後期でも異なります。

そこで今回は、気になる妊婦健診について、まとめておきたいと思います。
 

妊婦健診とは何か

 
妊婦健診とは、母子の安全を守ることを目的に行われています。


スポンサードリンク





お医者さまは妊婦健診を通じて、正常妊娠かハイリスク妊娠か、
分娩時期やその方法、母体の健康状態、胎児異常がないか
どうかなどを、定期的にチェックしています


 。

妊婦健診を継続的に行うことで問題を早期に発見できれば、
予防や対処が可能なので、母子の健康を守りやすいのです。
初期・中期・後期を通して、必ず毎回調べる項目があります。

 

それは、「子宮底長」「尿たんぱく」「腹囲」「尿糖」「血圧」「体重」「浮腫」で、
調べた内容は母子手帳に必ず記入されます。
 

妊婦健診の回数

 
妊婦健診の回数は、病院の方針などで変わります。


厚生労働省が例示している内容を見ると、妊娠初期から
6カ月目にあたる妊娠23週までは4週に1回、妊娠7カ月目から
9カ月目にあたる妊娠24週から35週までは2週間に1回、
正産期に入る妊娠36週以降は週に1回が基本とされています。

 
ただし、お腹の赤ちゃんが双子などの多胎の場合、流産や
早産の可能性がある場合、妊娠高血圧症などのリスクを抱えている場合、
出産予定日を超過している場合などは、妊婦健診の回数が増えることがあります。
 

妊娠初期の妊婦健診

 
妊娠初期には、性病の検査を行います。


中でもクラミジア検査は、細菌の感染症で起こる流産や
早産を予防するために、不可欠な検査です。

 

クラミジアが進行すると、お母さんが絨毛膜羊膜炎にかかったり、
正産期より早く子宮収縮を引き起こす可能性があるだけでなく、
出産時に産道感染した新生児が結膜炎や肺炎になるリスクが高まります。

綿棒なようなもので粘膜を取り出すだけなので、痛みはありません。

 

妊娠中期の妊婦健診

 
妊娠22週から24週になると、プローブという経膣超音波検査の
器具を使って、子宮頸管の長さを測定します。

普通は40mmほどの長さがあるものなのですが、
それより短くなっているお母さんもいます。

 


スポンサードリンク




そのまま放置すると、早産のリスクが4倍に跳ね上がるので、
場合によっては子宮頸管縫縮術という手術をすることもあります。

また、妊娠高血圧症候群になっていないかを確かめるために、
血圧やむくみのチェックも行います。

 

妊娠後期の妊婦健診

 
妊娠後期になると、出産に備えた検査があります。
まず、B群溶血性レンサ球菌という細菌の検査です。


これはGBSと呼ばれ、母体が保菌していると出産時に産道感染し、
赤ちゃんが新生児GBS感染症になる確率があがってしまいます。

 

GBSが見つかっても、抗生物質を服用することで、産道感染が予防できます。
次に、ノンストレステストです。

NSTと呼ばれ、ストレスがない状態で、胎児の心拍数をモニタリングします。
この検査をすることで、赤ちゃんが元気で、出産に耐えられるかどうかを判断します。


 
卵巣機能不全の症状

前駆陣痛は夜なぜ?

 

妊婦健診にかかる費用

 
妊婦健診には、健康保険が適用されません。


そのため、病院によっても違いがありますが、基本検査で約5000円、
血液検査などを含めると、約10000円から15000円の費用が必要になります。

 

とはいえ、妊婦健診を全額自己負担すると、約10万円から
15万円が必要となり、家計がひっ迫してしまいます。

そこで地方自治体では、母子手帳を交付する際に、
妊婦健康診査受診票という補助券を交付しています。

 

この補助券を病院の窓口で出すことで、妊婦健診を助成しているのです。

とはいえ、妊婦健診の全額をカバーしてくれるわけではないので、
約5万円から10万円は自己負担することになります。