不正出血は、ほとんどの女性が経験していると思います。

また、腰痛や下痢、めまいなどの症状が出て、悩んでいるひともいるでしょう。

 

実は、その原因が子宮の病気であることも多いのです。


スポンサードリンク




そこで今回は、子宮の病気の兆候について、まとめておきたいと思います。
 

不正出血とは何か

 
生理でもないのに、性器から出血があることを不正出血といいます。


おりものに血が混ざる程度のものから、生理と生理の間に出血するもの、
数カ月に1回くらい出血するもの、突然大量に出血するものなどさまざまです。

 

性器からの出血は、「器質性出血」と「機能性出血」に大別されます。

「器質性出血」は子宮の腫瘍などの異常により起こるもので、
「機能性出血」は卵巣機能の働きが衰えることで起こります。

 

不正出血の原因としてはこのほかにも、排卵痛や血液疾患、
ビタミンC欠乏症、急性伝染病、敗血症なども考えられます。
 

不正出血が兆候の女性の病気

 
不正出血がみられる女性に多い子宮の病気には、
「子宮筋腫」「子宮内膜症」「子宮膣部びらん」
「子宮頸管ポリープ」「子宮内膜ポリープ」などがあります。

 

これらは良性の腫瘍に分類されるので、
きちんと治療をすれば完治する可能性が高いです。

ですが、「子宮頸がん」「子宮体がん」「卵管がん」「膣がん」
「外陰がん」「子宮肉腫」など、悪性腫瘍が原因で不正出血が
起こることもあるので、軽視してはいけません。

 

不正出血に腰痛を伴う場合

 
不正出血があり、腰痛を伴う場合には、子宮の病気である可能性があります。


まず、子宮筋腫です。

子宮筋腫とは、子宮の筋肉層に良性腫瘍ができる病気で、
成熟した女性の4人に1人が持っているといわれています。

 


スポンサードリンク




腫瘍が小さい初期のころは自覚症状を感じにくいのですが、
大きくなるにつれて経血量の増加や、レバーのような塊が出る、
生理痛が悪化するなどの症状が出て、ひどくなると腰痛を併発することがあります。

 
次に、子宮内膜症です。


40代以降の女性に発症することが多いのですが、
近年は20~30代の女性にも増えてきています。

本来、子宮内膜にあるべき細胞がそれ以外の場所で
増殖し、組織をつくってしまう病気です。

 

子宮内膜は生理周期に合わせて、剥離・出血する
性質を持つため、血液の排出が可能な子宮口がない
場所にできてしまうと、血液が同じ位置にたまってしまい、
腫瘍化してしまうのです。

 

この血液がたまることで痛みを感じる際に、腰痛を伴うことが多いのです。
 

不正出血に下痢を伴う場合

 
不正出血に下痢の症状が伴うときにも、
子宮筋腫が関係していることがあります。

そもそも、生理のときに分泌されるプロスタグランジン
という女性ホルモンには、子宮収縮だけでなく、
腸の働きを活発にする作用があり、下痢が起こることも多く、
習慣化している女性はそれほど気にしない傾向が強いようです。

 

ですが、子宮筋腫が大きくなって大腸を圧迫することで
子宮が収縮し、さらにプロスタグランジンが分泌されると、
いつもより下痢がひどくなるので注意が必要です。

 

この場合、下痢の治療をしても改善されることはないので、
婦人科を受診するようにしましょう。


 

不正出血にめまいを伴う場合

 
女性は男性に比べて、めまいを感じることが多いものです。
その原因の半分は、末梢前庭障害であるといわれています。


ですが不正出血にめまいを伴う場合は、子宮筋腫や
子宮内膜症による月経過多や、それによる強度の
貧血が原因であることが少なくありません。

 

また、更年期障害や経前症候群、月経困難症の兆候として、
めまいが出ることもあります。

 

こうした場合は、根本の病気の治療が不可欠ですので、
まず婦人科を受診して、治療を受けることをおすすめします。