女性特有の子宮の病気にはいろいろな種類があり、症状もさまざまです。
そこで今回は、子宮の病気の種類と症状をまとめてみたいと思います。

 

 

子宮筋腫とその症状

 

 

子宮筋腫とは、筋肉の細胞が異常繁殖することで良性の腫瘍ができる病気で、
生殖可能な女性の約20~30%が発症するといわれています。

腫瘍自体は良性ですが、大きくなることでほかの臓器を圧迫すると、
さまざまな症状が出ます。


スポンサードリンク




月経量の増加や経血にレバー上の塊が混ざる、便秘になる、
頻尿になる、腰痛が悪化する、貧血になるなどの症状が出たら、
子宮筋腫の可能性が高いです。

 

子宮内膜症とその症状

 

 

子宮内膜症とは、子宮内膜あるいはそれと似た組織が子宮内膜ではない
場所に組織を形成する病気で、20~30代を中心に40代の女性が最も多くかかります。

子宮内膜はどこにできても剥離と出血をくり返しますので、
排出できない血液が体内に溜まり、腫瘍になります。

 

月経量の増加や生理日以外の出血、
だんだん生理痛が重くなるなどの症状が出ます。

 

 

子宮内膜炎とその症状

 

 

子宮内膜炎とは、子宮内部を覆っている子宮内膜が
細菌に感染することで起こる病気です。

子宮内膜は生理がくると剥がれて体外に排出され、
そのうえで新しい子宮内膜がつくられるので、
炎症が起こることはほとんどありません。


 
ですが、何かのきっかけで大腸菌や腸球菌、ブドウ球菌、
淋菌、結核菌などに感染し、発症することがあるのです。

急性子宮内膜炎の場合は、発熱や下腹部痛、腰痛、排尿痛、
不正出血、おりものの増加などの症状が現れます。

 

慢性子宮内膜炎の場合は、急性時のような自覚症状は出ず、
月経量の減少や無月経などの症状が出ます。

 

 

子宮筋層炎とその症状

 

 

子宮筋層炎とは、子宮筋層が細菌に感染することで起こる病気で、
帝王切開術や子宮筋腫核出術などの手術後に起こることもあります。

下腹部の不快感や下腹部痛、発熱、膿性帯下、不正出血が伴うこともあり、
子宮内膜炎のときより重症化しやすいといわれています。

 

 

子宮腺筋症とその症状

 

 

子宮腺筋症とは、子宮筋層に子宮内膜が入り込み、
その中だけで増殖してしまう病気です。

子宮腺筋症の初期症状としては、
生理の際に下腹部や腰に激しい痛みを感じます。

 


スポンサードリンク




子宮内膜症同様、進行すると生理の時期でなくても
激しい痛みを感じるようになります。

また、経血量が増える過多月経に移行する女性も多く、
その影響で貧血の症状が出やすくなります。

 

 

子宮頸管ポリープとその症状

 

 

子宮頸管ポリープとは、子宮の入り口である子宮頸管で粘膜の
上皮細胞が増殖し、大きさが3~5mmほどの良性の腫瘍になる病気です。

激しい運動の後に出血したり、
おりものに血が混ざるなど、不正出血が主な症状です。

 

 

子宮内膜ポリープとその症状

 

 

子宮内膜ポリープとは、子宮内膜から内側に向かい、
キノコのように突き出た腫瘍を形成する病気です。

大きさも1cmに満たない小さなものから10cm近くに
なる大きなものまでさまざまで、自覚症状に乏しいという特徴があります。
 

子宮脱とその症状

 
子宮脱とは、本来体内にとどまっているべき子宮が下がり、
膣から外に出てしまう状態のことをいい、出産経験者の
約半数に起こるともいわれています。

子宮が膣内に下がる「子宮下垂」の状態では、
自覚症状はほとんどありません。

 

ですが、進行して「子宮脱」になると、腹圧がかかったときに
子宮が膣から飛び出して外陰部に触れたり、それが原因で
ただれや性器出血、感染を起こしやすくなります。

 

また、排尿障害や排便障害、歩行困難を起こし、
日常生活に支障をきたすひとも少なくありません。

 
このように、子宮の病気にもさまざまなものがあり、
放置すると不妊の原因になることもあります。

異常を感じたら、まず病院を受診しましょう。