生理中にお腹の痛みを感じるのは仕方がないことですが、
それ以外のときに下腹部痛を感じる場合、病気の兆候である可能性があります。

特に子宮の病気は、痛みを感じる場所によって、原因や病気が異なります。

 

そこで今回は、痛みを伴う子宮の病気について、整理しておきたいと思います。
 

子宮の痛みの原因となる病気

 
子宮の痛みの原因は、卵胞が卵子を排出するときにおこる
「排卵痛」から、女性特有の病気である
「子宮筋腫」「子宮内膜症」「卵巣嚢腫」「子宮付属器炎」まで幅広いです。



スポンサードリンク




子宮の病気の場合、お腹の中央部が痛くなるのが一般的ですが、
中には左右に痛みを感じることもあります。
 

お腹の真ん中に痛みを感じる病気

 
子宮の病気の中でも、真ん中に痛みを
感じることが多いのは「子宮筋腫」です。

子宮内で筋肉の細胞が異常繁殖し、腫瘍ができる病気です。

 

腫瘍自体は良性なのですが、大きくなることでほかの臓器を
圧迫し、いろいろな症状が起こります。

月経量が増える、経血にレバーの塊のような血が混ざる、
便秘や頻尿になる、腰痛がひどい、貧血になるなどが、その例です。
また、「子宮内膜症」も同様です。

 

本来、子宮の内側にとどまるべき細胞が体内を逆流し、あるべきでは
ない場所に子宮内膜あるいは同様の組織を形成することで起こります。

 

子宮内膜は剥離・出血するという性質を持っており、子宮口のような
排出場所を持たない場所で出血してしまうと、体外に排出することが
できずに溜まってしまい、それが腫瘍化するのです。

 

月経量が増える、生理時以外にも出血がある、
だんだん生理痛がひどくなるなどの症状が出ます。

ただし、腫瘍ができる場所によって症状の出方は異なるので、
早目に病院を受診しましょう。
 

子宮の左右に痛みを感じる病気

 
一方、子宮の左右に痛みを感じる病気に、「卵巣嚢腫」があります。


卵巣嚢腫とは、卵巣の中にある卵子が細胞分裂をはじめ、
その中で髪の毛や歯、骨、皮膚をつくり、たまっていく病気です。

 

腫瘍自体は良性ですが、大きくなると卵巣破裂などを
引き起こす可能性があります。


スポンサードリンク




腫瘍のできる場所によって症状は違いますが、
腰痛やおう吐などが出ることもあります。
次に「子宮付属器炎」です。

 

子宮付属器とは卵巣や卵管のことで、そこに起こる炎症を
総称して、子宮付属器炎といいます。

分娩や人工授精、性交などが理由で最近に感染し、
卵巣や卵管に炎症が起こることで発症します。

 

発熱や嘔吐、気分が悪くなるなどの症状を伴うときには、
子宮付属器炎の可能性があります。

 
また一般的には、子宮の右側に痛みを感じるときは、
卵巣や卵管、骨盤旁結合組織の炎症が、左側に
痛みを感じるときには性器の炎症であることが多いとされています。
 

排卵痛とストレスによる痛み

 
排卵痛が起こっても、子宮に痛みを感じます。


これは、排卵したのちに黄体ホルモンの影響で、腸の動きが
鈍くなることで起こる痛みと、卵子が卵巣の壁を破って
出てきたときに出血することで起こる痛みのいずれかと考えられます。

 

痛みのほかに、下腹部の張りや腰痛が出ることもあります。
また、ストレスにより痛みが引き起こされることもあります。

子宮はほかの臓器と同様、自律神経の働きの影響を受けながら、
収縮と弛緩をくり返しています。

 

そのため、ストレスや強い興奮など自律神経の働きが激しくなる
出来事があると、子宮筋の収縮により、よじれることもあるのです。

 

一過性のものであれば問題はありませんが、ストレスが原因で
子宮の収縮や緊張が続くことで、血行不良やうっ血を慢性化
させてしまい、それが子宮の冷えを促したり、子宮機能の
低下につながることがあります。

 

これを放置すると、さまざまな婦人科系の疾患につながっていくので注意が必要です。