生理ではないのに、生理痛のような痛みを、
子宮のあたりに感じたことがある女性も多いはずです。

 

その理由は、排卵痛や月経前症候群(PMS)、
妊娠が理由のものなどさまざまです。


スポンサードリンク




そこで今回は、生理以外の子宮の痛みについて、
まとめておきたいと思います。
 

毎月決まって痛む場合

 
生理痛に似た痛みを、毎月、生理期間以外に感じているときは、
以下のような理由が考えられます。

まず、生理と生理の間に必ず起こる場合は、排卵痛であることが多いです。

 

排卵痛とは、卵胞から卵子が排出されるときに起こる痛みなので、
鎮痛剤の服用などで対処するしかありません。


 

排卵痛がひどくなり、日常生活に支障をきたすようになるケースもあり、
その場合は低用量ピルなどを用いて治療を行うことになります。
また、生理が始まる数日前に下腹部に痛みがあるようなら、
月経前症候群が疑われます。


 
イライラしたり、無気力になったり、冷えや頭痛などの症状が
出ることもありますが、生理が始まると治まります。
 

生理日に関係なく突然痛む場合

 
生理の周期に関係なく、突然子宮に痛みを感じるときには、
子宮筋腫や子宮付属器炎、卵巣嚢腫、骨盤腹膜炎、
クラミジア感染症などの病気にかかっている可能性があります。

 
中でも、40代の女性の4人に1人がかかるといわれている子宮筋腫は、
お腹の痛みに加えて、生理時の経血量が増える、経血にレバーのような
塊が混ざる、便秘や頻尿、腰痛、貧血などが起こることが多いです。

 
20~30代の女性に多い子宮内膜症は、
生理痛がだんだんひどくなるのが特徴です。


 
経血量の増加や生理日以外の不正出血も、多く見られます。
卵巣と卵管の炎症は、子宮付属器炎に分類されます。


スポンサードリンク




卵巣や卵管が細菌に感染したことで炎症が起こり、
子宮の左または右に痛みを感じます。

 

熱が出たり、気分が悪くなったり、嘔吐するひともいます。
子宮に関連する病気はほかにも、子宮頸がん、子宮腺筋症、
子宮体がん、子宮内膜症などがあります。

 

痛みを感じなくても、生理不順などの変調があれば、
すぐに婦人科を受診しましょう。

 

妊娠初期に感じる痛み

 
女性特有の体のしくみや病気以外にも、
子宮に痛みを感じるケースがあります。

それは、妊娠が原因となる痛みです。

 

妊娠初期に生理痛のような痛みを感じるのは、胎児の成長に
合わせて子宮が大きくなろうとすることで起こるものです。

また、妊娠したことでプロゲステロンという女性ホルモンの分泌が増え、
お腹に痛みを感じるひともいます。

 

下腹部が外に引っ張られるような感覚がある、お腹から腰にかけて痛む、
お腹全体が引っ張られているように感じる、生理痛のような痛みがある、
キュッとした軽い痛みを感じるなどの場合は、それほど心配することはないでしょう。
 

妊娠初期に注意した方がよい痛み

 
妊娠初期である12週までは、流産の危険が高い時期でもあります。
流産の兆候として、腹痛が起こることがあるので、注意が必要です。

 
妊娠していて、生理痛より強い痛みを感じる、ギュッと締め付けられるような
痛みがある、痛みが継続する、下腹部がズキズキ痛むなどの症状があるときには、
流産の可能性があります。

 

出血や基礎体温の低下、つわりがなくなる、頭痛がするときには、
すぐに病院で診察を受けましょう。
 

妊娠初期の痛みを緩和する方法

 
もし、生理痛のような痛みの理由が妊娠だった場合は、
少しでも痛みを和らげる方法を試してみましょう。

まず、痛みを感じたら激しく動かないこと。

 

重いものを急に持ち上げたり、持って歩かないこと。
下腹部に負担がかかるような姿勢を避けること。


 
お腹を締め付けない服装を心がけること。
長時間同じ姿勢をとらないこと。
横になること。


 

つまり、安静とリラックスを心がけることが一番なのです。