子宮脱になると、治療法はリングペッサリーの
装着か手術しかありません。

 

そこで今回は、手術ではない治療法について知りたい方のために、
温存療法であるリングペッサリー装着について、紹介したいと思います。
 

子宮脱とはどんな病気なのか

 
子宮脱とは、子宮が下垂し、膣外に出てきてしまう病気です。


3500g以上の赤ちゃんを出産したり、高齢出産だったり、
出産時に吸引分娩や鉗子分娩を行った際に子宮が
出てきてしまうことなどが、原因といわれています。

 


スポンサードリンク




このほかにも喘息や花粉症、立ち仕事をしているなど、
慢性的に腹圧がかかる状態の女性も、かかりやすいといわれています。
 

子宮脱の症状とは

 
子宮脱に進む前段階として、子宮が膣内に下がってくる「子宮下垂」
という病気があります。

子宮下垂のときには、ほとんど自覚症状はありません。

 

ですが子宮脱まで進むと、お風呂のときなどに陰部に何かが触れる
感覚がある、椅子に座ったときに何かが押し込まれる感じがする、
下腹部に違和感を感じる、残尿感がある、排便しにくい、
下着に血が付くなどの初期症状が出てきます。


 

それを放置すると、排尿障害や排便障害、性交障害が起こります。

その後、疼痛や違和感、下垂感、出血などを伴うなど、
強い不快感が出るようになります。

 

子宮脱の治療方法とは

 
子宮脱の治療方法は、温存療法であるリングペッサリーの装着と手術です。


リングの装着については、次章で詳しく説明しますので、
ここでは手術について取り上げます。

 

子宮脱を手術で治療する場合、いくつかの方法があるので、
年齢や体力、症状、程度などを判断したうえで、
お医者さまが方針を決めることが多いです。

 

下がってきた子宮を取り出す「子宮の全摘」、弱っている膣の
筋膜を縫い縮める「膣壁の縫縮」、弱っている膣の壁をシートで
補強する「メッシュ手術」、膣の前後を縫い合わせて臓器が
落ちないようにする「膣の閉鎖」などがあります。

 

温存療法であるリングペッサリーの装着

 
ペッサリーと短縮形でよばれることも多いリングペッサリーは、
伸縮性のある輪にドーム型のゴムを張ったもので、
避妊具として使われている器具です。

 


スポンサードリンク




大きさは6~8.5cmで、産婦人科で子宮口の大きさを計測してもらい、
自分に合ったサイズを購入して使います。

 

そのため、病院を受診しなければ、手に入れることはできません。
子宮脱でリングペッサリーを使うのには、膣にリング状のプラスチック器具を
挿入することで、子宮と膣を持ち上げることが目的です。

 

リングペッサリーの挿入と抜去をお医者さまにお願いし、
2~3カ月ごとに定期検診を受ける「連続装着方式」と、
自分で挿入と抜去を行う「自己着脱方式」があります。
 

リングペッサリーの装着と出血

 
リングペッサリーの装着感には、個人差があります。

リングペッサリーを装着することで、子宮と膣がうまく
持ち上がるひともいれば、異物感や痛みが強く出るひともいます。

 

実際に試してみないと、子宮脱の治療として有効かどうかを
確かめることはできないのです。

また、サイズ合わせにも時間が必要です。

 
リングペッサリーは簡便な治療方法ですが、膣内に異物を
入れていることから、感染によっておりものが増加したり、
異臭に悩まされたり、膣粘膜が傷つくことで出血することがあります。


 
また、抗凝固薬や抗血小板薬を服用していると、
出血しやすくなるといわれています。

このほかにも、以前に子宮全摘手術を受けた女性は、
リングペッサリーを入れると膣内で縦になってしまい、
天井部分に器具が強くあたることで傷つき、
出血につながることがあります。

 

出血した状態で放置すると、感染症になるなど、重症化する
恐れがありますので、違和感があるときには、必ず病院で診察を受けましょう。