「子宮脱」とは、骨盤底筋群が弱まったり、傷ついたりすることで、
子宮を支えることができなくなり、膣口から出てきてしまう症状をいいます。

 

実は、出産直後に子宮脱の前段階にあたる
「子宮下垂」になる女性が少なくないのです。


スポンサードリンク




そこで今回は、子宮脱の症状や治療法や予防法、
改善法について、まとめておきたいと思います。
 

子宮下垂と子宮脱

 
「子宮下垂」は、骨盤体底筋群が緩んでしまうことで、
子宮が膣の中に下がっている症状のことをいいます。

出産直後に子宮下垂が起こるのは、胎児が産道を
通るときに周りの組織まで引き延ばされ、緩むことが原因です。

 

そのほとんどが一時的なものなので、心配はありません。
次に「子宮脱」ですが、子宮下垂が進んで子宮が
膣から出てしまった状態をさします。

通常、膣の壁は筒状になっているのですが、子宮に押し出されて
反転してしまうので、これらを包むように袋状になって脱出してきます。
 

子宮脱は放置しても大丈夫なのか

 
子宮脱になると、トイレでいきんだり、歩いているときにも、
子宮が膣の外に出てくるようになります。

出てきた子宮口がこすれて気持ちが悪いですし、立ちあがるときに
膣の壁が引っ張られるような不快感を感じることも多く、
残尿感や排便障害に悩むひとも少なくありません。

 

加齢で子宮底筋群が緩むことで起こる子宮下垂や子宮脱は、
自然治癒することはありません。


症状が悪化したり、感染を防ぐためにも、治療を受けた方がよいでしょう。
 

子宮脱の治療法

 
子宮脱の治療法には、膣の奥にペッサリーというリング状の固定器具を入れて、
子宮が下がってくるのを押さえるという方法と、手術があります。


 
手術には、膀胱底部を縫祝して前膣壁を形成するハルバン手術、
膣式子宮全摘術、子宮円靭帯を腹壁に固定することで子宮底を

吊り上げるドレリ手術、肛門挙筋縫縮術、左右の基靭帯を子宮頚部全面で
縫って固定し、前膣壁形成と子宮頚部切断を行うマンチェスター手術などがあります。


 

残念ながら、投薬治療で治る病気ではありません。

 

産後の子宮下垂対策

 
産後の子宮下垂を防ぐためには、
出産してすぐにケアを始めることが大切です。

すぐに、子宮底筋を鍛えるトレーニングを始めましょう。

 

トイレですぐにできるトレーニングに、おしっこをする
途中で2~3回止めるというものがあります。

 


スポンサードリンク






それに慣れたら、トイレだけでなく、立ったり座ったりしているときにも、
膣をキュッと締めるという運動を、1日10回以上行うことです。

これらを毎日続け、慣れてきたら、膣を締める力を強くしていきましょう。


 

その結果、子宮下垂を改善することができます。
 

子宮下垂を改善する産後体操

 
産後、子宮下垂を改善するのに効果があると言われているのが、
「キーゲル体操」です。

ます、硬い床の上で仰向けに寝て、膝の角度が90度になるように膝を立てます。

 

そして、その体勢のままお尻を持ち上げるのです。

その際、勢いをつけたり、息を止めると、効果は半減します。

静かにお尻を持ち上げるように、意識してください。

 

そしてお尻を挙げた状態のまま、肛門を締めるイメージで力を入れます。

肛門に力を入れたら、そのまま10秒キープします。
10秒たったら、ゆっくりとお尻を下げます。

 


このお尻を上げることから下げるまでの一連を流れを、
3回くり返すのが基本です。

慣れてきたら、回数を増やしたり、肛門を締めてキープする
時間が長くするなど、負荷をかけていきましょう。


 
キーゲル体操は寝られる場所でないとできませんが、
肛門を締めるだけなら、立っているときに手軽にできます。

家事や仕事の合間や買い物中など、気が付いたときに
肛門締めを行うように意識してください。


 

子宮脱の予防にも改善にも効果があります。