■出産が近い?なんでこんな不安になるの?

妊娠したとわかった日から絶対1日に1回は

想像する出産の日の事。

 

自分はどんなお産を迎えるんだろう?
どれだけ痛いのかな?


スポンサードリンク



ちゃんと旦那様は一緒に立ち会ってくれるのかな?
外出中に陣痛が始まったり、破水したらどうしよう…

などなどいろいろ考えると思います。

 

でも妊娠も初期の頃ならまだ先だから大丈夫~と
なんとなく安心して過ごしていたのが、お腹が
大きく重くなってきて胎動も痛いくらいになってくると、
徐々に出産の日が近いんだと実感すると思います。

そうなってくると出産の日がリアルになってきてきっと
言葉で言い表す事ができない不安に駆られるでしょう。

特に初めての出産の人は経験のない陣痛の痛みや
その後やって来る初めての育児生活の事。


 

本当に悩むと思います。

だけどそれらは妊婦さんは一度は必ず通る道です。

 

実はその不安の原因は出産に向けての体内の
ホルモンが変化し始めたからなので、
仕方のない事なのです。

 

ですから出産間近になりいろいろ不安になった時は
あまりくよくよ考えず「ホルモンバランスのせいだなー」
と気持ちを切り替えるのも不安解消の一つでしょう。

 

■眠気や吐き気に下痢これって兆候?

出産の兆候としてよく言われるのが眠気や吐き気に
下痢などがあります。

これらがなぜ兆候だと言われるかというとそれは、
赤ちゃんが大きく成長してくると子宮も当然大きく
なってきて胃や腸などの他の臓器をを圧迫します。


 

そのれにより食欲が増したり、吐き気や下痢または
便秘などの不調に見舞われます。

あと体内のホルモンも徐々に変化し始めます。

 

妊娠中心のホルモンから産後育児をするための
ホルモンに切り替わり始めます。

その変化に体がついて行けず不安になったり
イライラしたり眠気に襲われたりするのです。

 

それらの症状は当然ですが、安易な薬の服用は
できないので、大丈夫なのかな?

なんでこんな風になるんだろう。などとあまり悩んだり
せず出産の兆候と考えもうすぐ赤ちゃんに会えるんだ!
と前向きに楽しい気分で過ごすのがいいでしょう。

 

またどうしても不安が治まらない時は旦那様や
ご両親お友達など誰かと話をし不安を解消したり
するのもいいかもしれません。

 

■腰痛?胎動も変わる?

 

お腹が大きくなってくると腰痛に悩まされる妊婦さんも
多いと思います。

単なるお腹の重さで腰痛になるのもありますが、
場合によってはそれが出産の兆候だっりする事もあります。

 

それは初産の妊婦さんによくあるんですが、腰痛と
陣痛が混同
してしまうことです。


スポンサードリンク




どうしても出産経験がない妊婦さんは陣痛の痛みが
はっきり分からず陣痛が来ていても腰痛と思い
過ごしてしまう場合があるので出産が近い時期の
腰痛は注意をした方がいいでしょう。

 

その他胎動も変化してきます。一般的に出産が
近くなると赤ちゃんは下にさがってきて骨盤内に
体がすっぽり収まるような体制になります。


 

こうなってくると赤ちゃんの胎動が減ってくると言われます。

しかしこれは過信しすぎない方がいいでしょう。

ママにとって胎動は赤ちゃんの生存を確認するための
一番大切な手段です。

 

胎動が少なくなったから出産が近いんだ!
と思ったりしないで、もし胎動が減ってきた場合は
赤ちゃんの生命に関わる危険もあったりするので、
あれ?胎動少ないな?

と感じたら病院に行くようにした方がいいでしょう。

参照:生後5ヶ月の赤ちゃんおもちゃ手作りは?

参照:生後5ヶ月の赤ちゃん風邪の時お風呂入れる?

 

■そんな症状とうまく付き合うには?

 

出産が近くなると不安な気持ちになったり、意味なく
イライラしたり、眠くなったり食欲増進吐き気・便秘
・下痢・腰痛
などなどそれらのマイナートラブルと
うまく付き合っていく事も大事な妊娠生活の一つです。

 

自分なりにリフレッシュできる楽しみを一つ決めて
おいて辛くなった時は楽しんで気持ちを切り替える
ようにするといいかもしれませんね。

あとお腹の赤ちゃんに話しかけたりするのもいいでしょう。

ママは今こんな気持ちなんだよ。と赤ちゃんとママの
2人だけの内緒話もいいかもしれませんね。

 

赤ちゃんはまだお腹の中で言葉も話すことは
当然できませんがちゃんと耳は発達しているので
ママのお話は聞いています。

 

どんな内容でもママの声でママのお話を聞く事が
赤ちゃんは嬉しいのです。

いっぱいお腹に話しかけましょう。