婦人科の病気の中で、子宮筋腫と同様に
ポピュラーな疾患に、子宮内膜症があります。

 

子宮内膜症とは、子宮内膜またはそれとよく似た
組織が子宮ではない部分に発生し、増殖する病気です。

 


スポンサードリンク




今回は、子宮内膜症について、症状を中心にお知らせしたいと思います。
 

子宮内膜症とはどんな病気か

 
女性は毎月1回、卵巣から卵子を排出します。


そして、排卵に合わせて子宮内膜を厚くし、受精卵がくるのを待ちます。

 

ですが、受精卵が着床しなかった場合、
準備していた子宮内膜が不要になります。


これがはがれて、血液となって排出されるのが生理です。
生理の出血は、まれに一部が卵管を通って腹腔内に
逆流することがあるのですが、この中に子宮内膜細胞が含まれています。

 

この子宮内膜細胞が、子宮以外の場所に落ち着いてしまい、
子宮内膜と似たような組織をつくり始めることがあるのです。

広がった子宮内膜細胞は、生理のときのように出血しますが、
子宮口のように排出する出口がなければ、その場所に留まるしかありません。

 

本来、あるべきではない場所に血液が溜まるので、
徐々に痛みが出てくるのです。

これが、子宮内膜症という病気です。

 

子宮内膜症の症状とは

 
では子宮内膜症にかかると、どんな症状が出るのでしょうか。


子宮内膜症の代表的な症状は、生理がくるたびに、
生理痛がどんどんひどくなることです。

 

鎮痛剤が効かないほどの生理痛や、寝込むほどの
痛みがある場合は、子宮内膜症を疑った方がよいと思います。

また、不正出血がある、生理の時期ではないのに下腹部の
あたりが痛む、違和感がある、性交痛を感じる、排便のときに
肛門の奥に痛みを感じるときも、子宮内膜症の可能性があります。

 


スポンサードリンク




腰痛や気分がすぐれない、めまいや下痢といった症状の陰に、
子宮内膜症が隠れていることもあります。

子宮内膜症で下痢や吐き気を感じるのは、通常の女性より
プロスタグランジンという子宮を収縮させる物質の分泌が多くなり、
胃腸も収縮させてしまうからです。

 

生理のたびに強い吐き気や下痢が続く場合は、
子宮内膜症かもしれません。

違和感を感じたら、恥ずかしがらずに婦人科を受診しましょう。

 

チョコレート嚢胞も子宮内膜症の一種

 
チョコレート嚢胞は、正式な病名を子宮内膜症制卵巣嚢胞といいます。


これは、子宮内膜または同様の組織が卵巣に病巣を形成するという病気です。
この嚢胞内で生理と同様の出血をくり返し、古い血液が溜まった状態を指します。

 
症状の現れ方としては、生理痛がだんだんひどくなる、
骨盤痛が慢性化する、性交痛を感じるなどがあります。

チョコレート嚢胞を放置すると破裂することがあり、その場合は激痛を伴います。

 

初期症状が出た時点で対処しよう

 
子宮内膜症は、現代女性の10人に1人がかかると言われています。


近年は、20~30代の女性に患者さんが増えているそうです。

 

子宮内膜症の治療には、薬物療法と手術療法がありますが、
初期であれば体にメスを入れずに治せる可能性が高くなります。

 

子宮内膜症は自覚症状がないまま進行するので、
初期の発見が難しいといわれていますが、
いつもより生理痛がひどい、生理の間隔が長くなったなどの
自覚症状があるときには、すぐに病院を受診しましょう。

 

この時点で、子宮内膜症は第2期に入っていますが、
ある程度までは薬物療法で症状が改善できます。
子宮内膜症の検査は、内診と超音波検査が基本です。

 

特に未婚女性の場合、内診に抵抗があって、
市販の鎮痛剤で我慢するケースが多いようです。

 

ですが、子宮内膜症を進行させると、
不妊の原因になる可能性が高いです。

いざというときに後悔しないためにも、若いころから
婦人科の定期検診を受ける習慣をつけておきましょう。