みなさんは、子宮筋腫という病気を知っていますか?

 

30歳以上の女性の20~30%がかかるといわれている、
婦人科の腫瘍の中でも最も発症頻度の高い病気です。


スポンサードリンク




今回は、近年増えているといわれている子宮筋腫について、
お話ししたいと思います。

 

 

子宮筋腫とはどんな病気か

 

 

子宮筋腫は、子宮にできる良性の腫瘍です。

現在は子宮筋腫が発症する原因は特定されていませんが、
筋腫ができた後の発育には、女性ホルモンの一種である
エストロゲンが関わっているといわれています。

 

これは、子宮筋腫は性の成熟期である20~50代に大きくなり、
閉経とともに小さくなることが根拠となっています。

 

 

子宮筋腫の発症年齢

 

 

子宮筋腫は、婦人科の病気の中ではポピュラーなもので、
成熟した女性であれば誰もがかかる可能性があります。

最も多く発症するとされるのは、40代とされてきました。

 

ですが近年は、性の成熟による初潮の低年齢化と老化による
閉経の遅れで、発症年齢が20~50代前半と広がってきています。

 

 

子宮筋腫の種類

 

 

子宮筋腫はできる場所により、
「漿膜下筋腫」「筋層内筋腫」「粘膜下筋腫」の3つに分かれます。

 
「漿膜下筋腫」は、子宮の外側を覆っている漿膜の下に
腫瘍ができ、外に向かって生育するタイプです。

子宮の表面にこぶ状にできるタイプと、
茎ができてその先にキノコ状に広がるタイプがあります。

筋腫の数は1~2個の場合もあれば、鈴なりにたくさんできるひともいます。

 


スポンサードリンク




自覚症状を感じにくいので、
かなり大きくなるまで気づかないことが多いタイプです。

 
「筋層内筋腫」は、子宮の筋層とよばれる部分に腫瘍ができるもので、
最も発症数が多いです。

筋腫の大小には個人差がありますが、複数個できるのが一般的です。

 

筋腫が小さなうちは自覚症状がなく、
大きくなるにつれて、さまざまな症状が出てきます。

 
「粘膜下筋腫」は、子宮の内側を覆う粘膜の中に腫瘍ができるタイプで、
子宮内部に向かって生育していきます。

茎の先に腫瘍がぶら下がることがあり、これを「有茎粘膜下筋腫」といいます。

 

そして、この筋腫が子宮口から膣内に飛び出すことを「筋腫分娩」といいます。

「粘膜下筋腫」は、小さくでも激しい症状を起こすことがあります。

 

 

子宮筋腫の症状とは

 

 

子宮筋腫は、無症状で進行することも多いです。

しかし、子宮筋腫が大きくなるにつれて、
さまざまな症状が出るようになります。

 

また、「漿膜下筋腫」「筋層内筋腫」「粘膜下筋腫」という順に、
症状が重くなっていきます。


子宮筋腫の症状は、月経の異常から始まります。

 

月経時の出血量が増えたり、レバー状の塊が出る「月経過多」、
下腹部の張りや頭痛、不安感などが起こる「月経痛」、

月経の周期が25日以内となり、ひとによっては月に2~3回月経がくる
「頻発月経」、通常の月経以外のときに出血する「不正出血」などが、
そこに含まれます。

 

この月経異常や不正出血が進むことで、鉄欠乏貧血が起こるひとも多く、
息切れや動悸、めまい、疲れやすさなどの症状が現れるようになります。

また、子宮筋腫が多くなると、骨盤内の膀胱や直腸、神経などが
圧迫されるようになるので、頻尿や排尿困難、便秘、腰痛などが起こります。

 

中でも「筋層内筋腫」や「粘膜下筋腫」にかかった場合、受精卵が
子宮内膜に着床するのを邪魔してしまうため不妊の原因となったり、
筋腫ができた場所によっては、流産や早産につながることもあります。

 
上記のような自覚症状があるときには、すぐに婦人科を受診しましょう。

子宮筋腫の検査は、内診や超音波検査、MRIなどで行い、
すぐに診断が出ます。

 

早く治療を始めれば、進行を遅らせることができるので、
悪化する前に対処するように心がけましょう。