妊娠後期に入る8ヶ月目を迎えると、お腹の赤ちゃんも
1400~1900gになり、羊水量もピークになるため、
子宮で内臓が圧迫されて体調が不安定になったり、
疲れやすいと感じるお母さんが増えてきます。


 


スポンサードリンク




そこで今回は、妊娠28週から31週のお母さんの体の状態と、
仕事や家事が辛い理由や対処法について、まとめておきたいと思います。
 

妊娠8ヶ月の体と変化

 
妊娠8ヶ月に入ると、大きくなった子宮で胃が圧迫され、
胃液が食道に逆流するなどの理由で、吐き気や
むかつきといった後期つわりを感じるお母さんが少なくありません。

 

また、お腹を支えるために腰がそったり、ホルモンバランスの
変化で子宮を支える靭帯が緩み、腰痛に悩まされることもあります。

大きくなった子宮は膀胱も圧迫しますので、
短い間隔で何度もトイレに行くようになり、
夜中に何度も目覚めて、寝不足になるお母さんも多いです。

 

体が出産の準備を始めることから、
お腹の張りを強く感じる機会も増えます。

 

妊娠8ヶ月でむくみやすくなる理由

 
妊娠28週に入ると、母体のエネルギーの配分が変化します。


お母さんの脂肪からつくられるブドウ糖が、
優先的にお腹の赤ちゃんに送られるようになるのです。

 

そのため、甘いものが欲しくなるお母さんが多いです。

さらに赤ちゃんが必要とする酸素と栄養を運ぶため、
母体の血液の中の水分量が多くなる時期でもあります。


 
これは「水血症」といい、血液をサラサラにすることで
血管の中を通りやすくしたり、血圧をあげないようにするために、
生理的に起こる現象です。

ですが、血液の中から水分が体内にしみだしてしまうことで、
むくみの原因にもなるのです。

 

仕事や家事が辛くなるだるさと眠さの原因

 
妊娠8ヶ月になると、仕事が辛い、
家事がしんどいと感じることが多くなるはずです。

 

その原因は、まず子宮が大きくなり、心臓や肺を圧迫しているので、
動悸や息切れなどが起こるようになり、体力を消耗しやすくなっているからです。

 

そして、妊娠後期になると、眠りを抑制する働きをする
ホルモンが分泌されるようになります。

これは、出産後の育児に備えてのことですが、このホルモンが
出ることで、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなります。

 

この2つの理由が重なることで、睡眠不足になることが、
だるさや眠気につながるのです。


スポンサードリンク




さらに妊娠後期は、体の代謝が悪くなります。

 

これは、お腹が大きくなることで運動不足になりがちなこと、
摂取したビタミンやミネラルが赤ちゃんに使われることで、
基本的な栄養素が不足することも理由の一つです。

 

妊娠8ヶ月のだるさの対処法

 
後期つわりや前駆陣痛、慢性的な睡眠不足で、だるさと眠気を
抱えながら、仕事や家事とするのは、それほど簡単なことではありません。

 

ですが、ここで無理をすると、早産を誘発する可能性も高いですし、
お母さんが無理をすることは、お腹の赤ちゃんに負担を強いることと同義です。

 

無事に出産するためにも、無理はしないように心がけましょう。

 
体が重くて家事が辛かったり、買い物が億劫なときは、
家族に協力してもらったり、ネットスーパーを活用し、
自分の体を少しでも休める工夫が必要です。

 

また、仕事についても、時差出勤や時短勤務ができないかを
相談するなど、体にも業務にも支障をきたさないように、
対処することをおすすめします。

 

そして、ウォーキングやマタニティヨガなど、体に負担のかからない
運動を生活の中で取り入れることで、代謝をあげ、
眠りやすい状態をつくることも大事です。


 
合わせて、自分とお腹の赤ちゃんの健康を守るためにも、
葉酸やカルシウム、ビタミン、ミネラル、鉄分などの摂取を
意識した、バランスのよい食生活を心がけましょう。