妊娠8ヶ月目にあたる28週から31週は、赤ちゃんの成長に
伴って、羊水の量もピークを迎えるため、お腹が急に
せり出したように感じるお母さんが多いです。

 


腰痛で眠れなくなるお母さんもいるので、その原因や
対処法について、紹介したいと思います。
 

妊娠8ヶ月で起こる体の症状

 
妊娠8ヶ月になると、赤ちゃんの頭が下がるので、
胎動の回数は少なくなります。


スポンサードリンク




ですがその分、胎動が強くなり、前駆陣痛が起こることから、
お腹が張る回数は増えてきます。

 

子宮が食道から胃、心臓、肺、腸まで圧迫することから、
動悸や息切れが起こり、疲れやすい感じます。

また、体のかゆみや後期つわり、むくみ、
貧血などが出るお母さんもいます。

 

そしてこの頃から、腰痛や背中の痛みを感じる
お母さんが多くなるのです。
 

妊娠8ヶ月で腰痛を感じる原因

 
妊娠後期に腰痛や背中の痛みを感じる原因は、
いくつかあります。

まず、ホルモンバランスが変化することです。

妊娠後期になると、
リラキシンというホルモンが分泌されるようになります。

 

これは、出産時に赤ちゃんが骨盤の間を通りやすくなるように、
子宮を支えている靭帯を緩める作用を持っています。


妊娠8ヶ月の段階でこの靭帯が緩んでしまうと、骨盤周辺の
関節が不安定になることから、筋肉に大きな負荷がかかり、
腰痛を引き起こすのです。

 

次に、お腹が大きくなることで重心が前にかかり、バランスを
とろうとすることで腰が反った状態が続き、腰周辺の靭帯と関節、
筋肉に負担がかかることも原因となります。

この場合、足の付け根やお尻が痛んだり、
太もものしびれが併発することもあります。

 

腰が反った状態が定着してしまうと、出産後に腰痛を
発症する確率が高まるので、注意が必要です。

 

妊娠8ヶ月での腰痛対策

 
妊娠8ヶ月でお腹が大きくなってしまうのは、
避けようがないことです。

そのため、体の変化を想定して筋力をつけておくことが、
腰痛予防には一番です。


スポンサードリンク




 

もし、これから腰痛対策で何か始めたいと思っているなら、
お医者さまに相談した上で、マタニティヨガやマタニティスイミング、
マナニティビクスなどを行って、筋力アップを目指してみてはいかがでしょうか。

 

本格的なトレーニングを続けるのは難しいと考えているなら、
ウォーキングする機会を増やすのもおすすめです。

 

ウォーキングなら、天気が良ければ毎日続けられますし、
体重増加を防ぐことにもつながりそうです。
 

生活スタイルを見直してみよう!

 
妊娠8ヶ月で腰痛を予防したいなら、
筋力アップとともに実践してほしいことがあります。

それは、腰に負担をかけない生活スタイルを取り入れることです。

 

例えば、買い物も家族と一緒に出掛けるようにして、重い物を
持ってもらったり、宅配やネットスーパーを活用することでも、
腰への負担は軽減できます。

 

また、長時間ずっと座っていることも腰には良くないので、
1時間に一度は立ち上がることを意識してみましょう。

立っているときだけでなく、椅子やソファに座るときにも、
反り腰にならないように背筋を伸ばすのもおすすめです。

 


お腹を支ええてくれる妊婦用ベルトを着用することも、
腰痛防止には効果的です。

合わせて、ゆっくり温めのお風呂につかったり、
お腹が張らない程度にマッサージをするなど、
お母さんがリラックスするように心がけましょう。

 

腰痛がひどいときの対処法

 
自分で腰痛予防の取り組みをしても、
痛みが軽減されないこともあります。

 

そんなときには、家事も仕事もお休みして、
きちんと安静にするのが一番です。

それでも辛い痛みを感じるときには、
まずお医者さまに相談しましょう。

 


自己判断でマッサージをすると、
早産を誘発することもあるので、注意してください。