妊娠後期に入る8ヶ月目は、
週数でいうと28週から31週にあたります。

 

胎児の成長に比例して子宮も大きくなり、胃や心臓が
圧迫されることから、動悸や息切れ、胃もたれ、
胸やけなどに悩まされるようになります。

 

そして、胎動が強くなることから、
お腹の張りや出血に注意が必要な時期です。


スポンサードリンク




そこで今回は、妊娠8ヶ月のお腹の状態や、
気になる張りや出血について、まとめておきます。
 

妊娠8ヶ月のお母さんのお腹

 
妊娠28週のお母さんの子宮底長は26~34cmにもなっており、
赤ちゃんの体重も1000~1300gになっています。

そのため、みぞおちのあたりまで圧迫感を感じるようになり、
後期つわりといわれる胸やけや胃もたれが出始めることが多いです。

 
妊娠29週になるとお母さんの子宮底長は26~35cmになり、
赤ちゃんの体重も1100~1500gに成長します。

このころが羊水量のピークで、お腹が急にせり出したように感じます。

 

お腹の張りや体のむくみなどを、感じやすいときでもあります。
妊娠30週にはお母さんの子宮底長は27~35cmに、
赤ちゃんの体重が1200~1750gになります。

 

赤ちゃんが大きくなることで、子宮内で動けるスペースが
小さくなるので、胎動の回数は減ってきます。

ですが力は強くなるので、痛みが激しくなったり、
お腹の張りにつながることもあります。


 
妊娠31週になるころにはお母さんの子宮底長は28~35cmに、
赤ちゃんの体重は1300~1900gにもなります。

子宮がさらに大きくなり、横隔膜への圧迫が増すことから、
動悸や息切れに加え、お腹が張りやすくなるだけでなく、
貧血や鼻血も起こりやすくなります。
 

妊娠8ヶ月での出血

 
妊娠中はいろいろな要因で出血が見られますが、
中には心配のないものもあります。

 

妊娠8ヶ月ともなると、子宮口が開いたり、前駆陣痛という子宮収縮を
することで卵膜がはがれ、それが出血と間違われることもあります。

 


スポンサードリンク




こうした原因での出血は、血液と子宮頸管の粘液が混ざっているので
粘り気があり、心配する必要はありません。

ですが痛みを伴ったり、量が多いときには、異常出血の可能性があります。

 


その場合、早産や切迫早産、子宮頸管無力症、前置胎盤、
常位胎盤早期剥離、子宮頸管炎などの兆候かもしれないので、
すぐに病院を受診しましょう。
 

お腹の張りが頻繁のときの対処法

 
お母さんがお腹の張りが頻繁、あるいは強い張りが続いたときには、
病院でNST検査(ノンストレステスト)やエコー検査を行うことがあります。

 

内診で子宮口の開き具合や、子宮頸管の長さを確認することで、
早産かどうかを見極めることができます。


 

妊娠8ヶ月には前駆陣痛が始まるため、
お腹が張ることが多くなるのは普通です。

 

ですが、頻繁に起こる場合には、張り止めの薬を服用し、
早産を防止しなければなりません。

 

ウテメリンという張り止めが処方されるのが一般的ですが、服用すると、
動悸や手の震え、吐き気などの副作用が起こることがあります。

 

また、お医者さまが安静が必要だと判断した場合、
自宅安静か入院安静かを指示されます。

 


自宅安静の場合は、張り止めの薬を服用しながら、
トイレ以外はずっとベッドで横になるのが基本です。

 

入院安静の場合は、張り止めを点滴しながら、
トイレ・洗面以外はベッドで横になって過ごすことになります。

 

多胎妊娠の場合、早いひとは妊娠8ヶ月目から入院安静となり、
出産まで24時間張り止めを点滴されることも珍しくありません。


 
元気な赤ちゃんを産むためには、
生産期まで子宮で育てるのがベストです。

 

お腹の張り止めが処方されたらきちんと服用し、冷えやストレスなども避け、
できるだけ無理をせずに過ごしましょう。