妊娠28週から31週にあたる妊娠8ヶ月目になると、
お腹はかなり大きくなり、誰の目から見ても妊婦で
あることが隠せないようになります。

 

お腹の張りを感じることも増え、
気をつけなければ早産になることもあります。

 


スポンサードリンク




そこで今回は、妊娠8ヶ月でのお母さんと赤ちゃんの状態と、
お腹にどんな変化が表れやすいかについて、
まとめておきたいと思います。
 

妊娠8ヶ月の赤ちゃんとお母さんの状態

 
妊娠28週になると、お腹の赤ちゃんの身長は390~410mm、
体重は1000~1300gに成長します。

お母さんの子宮底長は26~34cmになり、
子宮底もみぞおちあたりまで上がっています。

 
そのため、大きくなった子宮に胃や食道を圧迫され、
胃もたれや胸やけを感じるお母さんが増えてきます。

 
妊娠29週になると、お腹の赤ちゃんの身長は400~420mm、
体重は1100~1500gになり、脳が発達して、感情や記憶が
芽生えるといわれています。

 
お母さんの子宮底長は26~35cmになり、このころが
最も羊水量が多く、お腹がせり出すようになります。

お腹の張りやおりものの増加、むくみなどを感じやすくなります。
妊娠30週には、お腹の赤ちゃんの身長は400~430mm、
体重は1200~1750gになり、大きくなるペースが落ち着いてきます。

 

お母さんの子宮底長は27~35cmになりますが、
お腹の中で赤ちゃんが動けるスペースが少なくなるので、
胎動が減ったように感じます。

 
妊娠31週を迎えるころには、お腹の赤ちゃんの身長は420~440mm、
体重は1300~1900gまで成長し、容姿も新生児と変わらなくなります。

お母さんの子宮底長は28~35cmになり、横隔膜への圧迫感が
増すことから、動悸や息切れを感じることが増えます。

 

また、お腹も張りやすくなります。

 

お腹が下がったように感じる時期

 

妊娠8ヶ月に入ると、出産に備えて、胎位が下がり始めるので、
お腹が下がったように感じるお母さんが増えてきます。

 

そのため、子宮に圧迫されていた大腸や膀胱への負担が
軽減され、便秘や頻尿に悩まされることも少なくなるようです。

 


スポンサードリンク




とはいえ、母体が出産準備を始める時期でもあるので、
前駆陣痛が起こりやすくなり、お腹の張りを強く
感じるようになることも多いです。
 

妊娠8ヶ月でお腹が冷たく感じたら

 
妊娠中は、母体はいつもより冷えやすくなっているため、
お腹が冷たく感じるお母さんも多いものです。

 

冷えの原因は、自律神経の乱れや血行不良、運動不足による
筋肉の低下、ホルモンバランスの乱れなどがありますが、
冷えたままではお腹の赤ちゃんにもよくありませんし、
難産や産後の母乳の出が悪くなるなどの影響も心配です。

 

体を冷やさないように着るものに気をつけたり、
散歩やストレッチなど軽い運動をすることで、
お腹を冷やさない工夫をしてみてください。

 

参照:妊娠8ヶ月の逆子の見分け方と原因!胎動は?

参照:妊娠8ヶ月の出血は少量で茶色の原因!張り止めは?


参照:妊娠8ヶ月の症状は吐き気、腹痛、下痢、めまい

参照:妊娠8ヶ月は腰痛で眠れない?マッサージの注意

参照:妊娠8ヶ月の仕事は辛いだるい?家事しんどい

参照:妊娠8ヶ月のエコーで異常は胎児に障害?

 

妊娠8ヶ月でお腹がかたいと思ったら

 
妊娠8ヶ月でお腹が張っていると感じる時には、妊娠中期とは
異なり、お腹がガチガチになったり、スイカのようにかたくなることに
不安を覚えるお母さんが増えてきます。

これは、出産に向けて前駆陣痛が起こることが原因です。

 

お腹が張る回数も増えてくるので、初めて妊娠したお母さんは
不安に思うこともあるかと思いますが、強いお腹の張りを感じたら、
まずは横になって安静にしてください。

 

休むことでお腹の張りが和らぐなら、心配ありません。

 

ただし、1時間程度横になったのにお腹の張りがおさまらない、
出血を伴うときには、切迫早産の可能性があります。

 

特に妊娠30週未満で1時間に3回以上のお腹の張りを感じたり、
突然お腹がかたくなり痛みを伴ったら、すぐに病院に行き、
診察を受けましょう。