妊娠中期の最後の妊娠7ヶ月は、24週から27週にあたります。

お腹の赤ちゃんの成長に伴って、お腹もますます大きくなり、
動くと動悸や息切れをしてしまうお母さんも多いです。

 

また、胎動がピークを迎える時期でもあります。


スポンサードリンク




そこで今回は、妊娠7ヶ月での胎動について、まとめておきたいと思います。
 

妊娠7ヶ月の赤ちゃんの成長

 
妊娠24週になると、赤ちゃんの大きさも身長が300~350mm、
体重が550~1000gとなり、脳が発達して、
体がコントロールできるようになります。

 

そのため、赤ちゃんは羊水の中で活発に動き回ります。

 

妊娠25週には身長が310~360mm、体重が600~1150gになる
赤ちゃんは、鼻の穴が通って、呼吸の練習を始め、肺が発達し始めます。


 
妊娠26週には身長が350~380mm、体重が750~1200gに
なる赤ちゃんは、体を伸縮させたり、手を握るといった、
複雑な動作ができるようになります。

 
そして妊娠27週には、身長が380~400mm、体重が
800~1250gにもなり、体に脂肪が付き始め、味覚が発達します。

このように、お腹の赤ちゃんは週ごとにできることが増えていくので、
胎動を激しく感じることが多くなるのです。

 

妊娠7ヶ月の胎動

 

妊娠7ヶ月に入ると、赤ちゃんは自由自在に動けるようになります。

まだ、子宮内で動くスペースもあるので、
刺激に悩むお母さんもいることでしょう。

 

多いひとだと、1日で200回以上の胎動を
感じることもあるといわれています。

時間帯では、夜中から早朝にかけて胎動を感じることが多く、
寝不足になるお母さんも少なくありません。

 

胎動が日に日に強く激しくなることで、妊娠後期が不安になる
お母さんもいるようですが、お腹の赤ちゃんがもっと大きくなると、
胎動の数は少しずつ減っていきます。


スポンサードリンク




とはいえ、力は強くなるので、一概に楽になるとは言えません。

これも、元気な赤ちゃんを産むためには避けて通れないプロセスなので、
胎動が激しくて消耗したときには、家事も仕事もお休みにして、
安静にするように心がけましょう。

 

胎動の位置や強さで性別はわかるの?

 

妊婦さん向けの様々な情報を見ていると、
胎動で性別がわかるという記述が多くあります。

 

医学的根拠はありませんが、通説として言われている、
胎動と性別の関係について、ここで触れておきましょう。

 
まず、お腹の赤ちゃんが男の子の場合、胎動を感じるのは、
お腹の左側が多いといわれています。

 

胎動は、時に痛みを感じるほど激しく、
お腹に足があたるように感じるお母さんも多いようです。

 
反対に、お腹の赤ちゃんが女の子の場合は、
胎動を感じるのはお腹の右側で、力も弱いようです。

お腹を押されたり、撫でられたりしているような
感覚を感じるお母さんが、大半です。

 
また、胎動を早く感じると男の子、
遅いと女の子という通説もあります。

これらには医学的根拠はありませんが、
胎動を感じながら性別を想像するのは楽しそうです。

 

妊娠7ヶ月で睡眠不足を解消したいなら

 

妊娠7ヶ月になると、胎動が激しくなることもあり、
寝苦しさを感じるお母さんも少なくありません。

 

お腹も大きくなっていますので、うつぶせ寝では
寝返りがうちにくかったり、寝にくいと感じることが多くなります。

 

そんなときは、シムスの体位という、体の左側が下に
なるように横向きになり、お腹に負担がかからないように
うつぶせに近づける体勢がおすすめです。

 

その体制でも辛いときには、クッションや抱き枕などを
足に挟むと、楽になるはずです。

 

同じように右側を下にすると、大静脈やリンパ管が
圧迫されるので、よけい寝苦しくなります。

 

同じ体勢を摂り続けると、腰にも負担がかかるので、
少しでも寝やすいように、自分でも工夫してみてください。