妊娠6ヶ月は安定期なので、腹痛を感じることは少なくなります。

ですが、皆無というわけではありません。

 

そこで、妊娠6ヶ月で起こる腹痛の理由と対処法について、
まとめておきたいと思います。

 

妊娠6ヶ月でも心配のいらない腹痛

 

妊娠6ヶ月に入り、チクチク、ズキズキ、キリキリといった
腹痛を、感じる妊婦さんもいることでしょう。


スポンサードリンク




妊娠中期にあたる6ヶ月での腹痛は、
生理的な要因で起こることがほとんどです。

 
妊娠6ヶ月の時期は、お腹の赤ちゃんが急激に大きくなり、
羊水量も増えることから、子宮自体が大きくなります。

この子宮が大きくなるスピードに、子宮を支えている円靭帯の
伸びが追いつかないときにも、痛みを感じることが多いです。

 

下腹部や腰、足の付け根に痛みを感じるときは、
それほど心配しなくてもよいでしょう。


下腹部がキューッと締め付けられるような痛みを感じるときには、
前駆陣痛が起こっている可能性が高いです。

 

これは、出産に備えて体が起こす生理的な現象で、
子宮口が閉じている妊娠6ヶ月では、
そのまま出産になることはほぼありません。

 

痛みの間隔は不規則で、長時間続くこともないでしょう。

意外にも、妊娠6ヶ月だと、便秘の痛みに
悩まされるお母さんも少なくありません。

 

これは、ホルモンバランスに変化に加え、子宮が大きくなることで、
大腸を圧迫してしまうことで、便秘になりがちだからです。

溜まった便を排出する前に起こる痛みなので、出てしまえば治まります。

 

痛みが不定期で、痛む場所が限定されており、
しばらくすると痛みが治まるなどの腹痛については、
生理現象なので、神経質にならずに対処しましょう。

 

 

病院に行った方がいい、妊娠6ヶ月の腹痛

 
安定期の妊娠6ヶ月であっても、早産につながる兆候として、
腹痛が起こることがあります。
まず、細菌やウイルスが原因で、腹痛が起こる場合です。

 


スポンサードリンク




何らかの感染症が起こり、無自覚なまま症状が進行し、
炎症が子宮や羊水まで達したときに、子宮収縮を起こすのです。

感染したばかりのころは、腹痛が起こることはありませんが、
いつもと違うおりものが出るなど、何らかの症状が出ることが多いです。

 

少しでも変化を感じたら、お医者さまに相談をしましょう。
安定期に入り、つわりで遅れていた分や、産休・育休の前に
仕事を片付けておこうと考え、無理をする妊婦さんも少なくありません。

そうした心身への負担が、ストレスとなり、子宮収縮を誘発することがあります。

 

悪くすると、切迫早産になってしまうので、自分の体がいつもと
違うことを自覚して、無理をしないようにしましょう。
合わせて、痛みを感じずに早産に移行するケースもあります。

それは、子宮頸管無力症になるケースです。

 

子宮頸管無力症とは、産道となる子宮頸管の筋肉が緩むことで、
子宮口が開いてしまう症状をいいます。

痛みがなく、自覚症状がないまま子宮口が開いてしまい、
赤ちゃんが流れ出てしまうことがあるのです。

 

妊婦健診の内診で見つかることが多いので、
そのときには子宮頸管を糸で縛る手術を受けましょう。

 
妊娠6ヶ月で、お腹全体が痛んだり、規則正しい間隔で痛みが起こったり、
長時間痛みが続いたり、出血を伴ったり、胎動が感じられなくなったときには、
すぐに病院で診察を受けてください。

 

 

妊娠6ヶ月で腹痛を予防したいときには

 

 

お腹が大きくなり、これまでと同じように動きにくくなる妊娠6ヶ月こそ、
安定期だからとたかをくくることは止め、ストレスを感じないように
生活するのが、腹痛予防には一番です。

 

体が辛いと感じたら、仕事や家事で無理をしないこと、
腹痛が起こったときには安静にして、
治まるかどうかを見極めるようにしてください。