妊娠中は、お腹の赤ちゃんやそれを守るための
胎盤や羊水、血液、体を保つために必要な脂肪など
がつき、どうしても体重が増えてしまいます。

 

ですが、体重が増えすぎると、経過や出産でリスクを
抱えることになるので、注意が必要です。


スポンサードリンク




そこで、妊娠6ヶ月で目安にしたい、平均的な
体重増加について、まとめておきたいと思います。

 

妊婦さんが目指したい、理想の体重増加

まず、妊婦さんが出産するまでに、理想とされる
体重増加について、説明しておきましょう。

自分の理想の体重増加の目安を知るには、
BMIを使って計算するのが一番です。

 

BMIは、体重(kg)÷身長(m)×身長(m)で算出できます。

BMIが18.5未満の痩せ型の妊婦さんは、
出産までの体重増加は10~12kgが望ましいです。

 

BMIが18.5~25未満の標準型の妊婦さんは、
出産までの体重増加は7~10kgが望ましいです。

BMIが25以上の太り気味の妊婦さんは、
出産までの体重増加は5~7kgが望ましいです。

 

これを基準に、妊娠6ヶ月での体重増加について、考えてみましょう。

妊娠6ヶ月での体重増加の目安

妊娠は、初期・中期・後期に分かれますが、それぞれで
目安となる体重増加の平均値が変わります。

妊娠初期の体重増加は、2kg未満が目安です。

妊娠6ヶ月も含まれる中期の体重増加は、5kg未満が目安です。

 

妊娠後期の体重増加は、2kg未満が目安です。

これくらいの数値に収まるように、
体重増加を抑えることが望ましいのです。


スポンサードリンク




BMIが標準型だった場合、妊娠して増える体重の目安は、
一週間で200~300gと言われています。

妊娠6ヶ月になると、お腹の赤ちゃんが急激に大きくなるのに伴い、
子宮内の羊水や血液の量も増えるので、体重が増加しやすくなります。

 

そんなときでも、一週間に500g以上増えるのは好ましくありません。

とはいえ、つわりで妊娠前より体重が減っている妊婦さんは、
この限りではありませんし、多胎妊娠の場合もこの例に含まれません。

妊婦健診でのお医者さまのアドバイスに従い、
食べ過ぎや水分の摂り過ぎに、十分注意しましょう。

そして、妊娠中期にあたる6ヶ月の間は、1ヶ月に1kg程度に、
体重を増やすのをとどめるように心がけましょう。

参照:生後6ヶ月の赤ちゃんの奇声はカフェインが原因だった?

参照:生後6ヶ月の赤ちゃんが寝返りしない理由

参照:妊娠6ヶ月の腹痛は激痛?チクチク、ズキズキ、キリキリ!

体重増加を抑えるためにできること

妊娠中に体重を増やし過ぎると、
妊娠中毒症を引き起こすリスクが高まります。

また、妊娠糖尿病を発症し、赤ちゃんが体重が4000gを
越える巨大児になる可能性もあるのです。

 

そうした危険を避けるために、体重管理をしようと思う
妊婦さんも多いと思いますが、
その際に覚えておいてほしいことがあります。

それは、運動やダイエットで痩せようとするのはNGということです。

 

腰痛防止や筋肉をつけるために散歩やストレッチ、
お医者さまの許可を得た上でのマタニティヨガや

マタニティスイミング、マタニティビクスなどを行うのは構いませんが、
これは体重管理のために行うものではありません。

 

妊娠中の体重管理は、食生活の改善が基本です。

妊娠中は、塩分控えめの和食で、一汁三菜がおすすめです。

主食をしっかり食べることを心がけると、
脂肪の摂り過ぎを防ぐことができます。

参照:妊娠6ヶ月のエコーで性別と顔が分かる? 

参照:妊娠6ヶ月お腹は急に大きくなる?苦しい大き過ぎる張り
たんぱく質が豊富に含まれた、ごはんを食べるようにしましょう。

赤ちゃんの発育とお母さんの健康には、ビタミンやミネラル、
食物繊維の摂取が不可欠です。

一日に350gの野菜を、副菜として食べるようにしましょう。

 

生野菜が辛いのであれば、茹でたり、煮たり、
スープや具だくさんのお味噌汁にしてもかまいません。

特に、ほうれん草やかぼちゃ、小松菜、ブロッコリーなどの
緑黄色野菜を食べることを意識してください。

 

主菜は、肉や魚、卵、大豆、大豆製品をバランスよく摂るのが基本です。

食生活を見直して、体重管理を行いましょう。