妊娠5ヶ月は、妊娠16週から19週の時期にあたり、
胎児もどんどん大きくなっていきます。

妊婦健診でのエコー検査が、
楽しみなお母さんも多いことでしょう。

 

そこで、妊娠5ヶ月の胎児の状態やエコー検査、
近頃人気の4Dエコーについてまで、まとめておきます。


スポンサードリンク




 

妊娠5ヶ月の胎児の状態


 
妊娠16週の赤ちゃんは、身長が108~116mm、体重は80gほどです。

すでに腕や脚ができており、すべての関節が動かせるようになり、
動きが活発になってきます。

とはいえ、このころの赤ちゃんは、1日のうち16~20時間は眠っているそうです。

 

妊娠17週の赤ちゃんは、身長が110~120mm、体重は100gほどです。

頭と体のバランスが整い始めますが、まだ皮下脂肪はほとんどついていません。
耳や唇、鼻、あごなどができ、顔がわかるようになります。

 
妊娠18週の赤ちゃんは、身長が130~140mm、体重は150gほどです。
顔に脂肪が増え始めるので、どんどん可愛くなっていく時期です。

内耳も完成に近づいていることから、
お母さんの声や外の音が聞こえるようになっています。
妊娠19週の赤ちゃんは、身長が130~150mm、体重は250gほどです。

 

消化器官が消化液を分泌し始めたり、羊水を飲んで吸収したり、
循環させることもできるようになります。

この時期になると、エコー検査で股を確認できれば、
性別がわかるようになります。

 

エコー検査とは

 

 

妊娠初期のころから、妊婦健診の際にエコー検査を行うことがありますよね。

エコー検査は、プローブと機器を妊婦さんの体にあて、
そこから超音波を流し、帰ってくる反射波を受診して、
コンピュータで画像処理するという方法で実施されています。

 

妊娠5ヶ月でのエコー検査の目的は、胎児の様子と卵膜や胎盤、
臍帯、羊水といった胎児附属物を観察することです。

エコー検査をすることで、赤ちゃんの頭の大きさや大腿骨の長さ、
腹部の大きさを測ることができ、これにより推定体重が算出されるのです。


スポンサードリンク




合わせて、心臓や肺、血管などの臓器を確認したり、胎盤や臍帯の
位置と構造に異常がないか、羊水の量が適切かも、チェックしています。

 

エコー検査でわかる赤ちゃんの様子


 
エコー検査では、その日の赤ちゃんの様子を確かめることができます。

横向きだったり、背中やお尻が見えたり、顔を確認できるなど、
その日の赤ちゃんの向きで、見られることは異なります。

 

お医者さまが説明してくれれば、胃や腎臓、消化器、
泌尿器などの発育具合や大きさなどもわかります。

そして何より、赤ちゃんの心臓が動いている場面を見るのは、感動的です。

近頃人気の4Dエコーでわかること

通常のエコー検査は2Dで、一つの超音波からの情報を
画像化するので、平面的になります。

これが3Dエコー検査になると、いくつもの筋の超音波から情報を
得るので、長さと幅と奥行きがある、立体化した情報を描き出すことができます。

 

4Dエコー検査になると、3Dに時間が加わり、お腹の中にいる
赤ちゃんのリアルタイムな様子を、確かめることができます。

2Dだと画像はプリントアウトしてもらえますが、
3Dや4DはDVDメディアにコピーしてくれることも多いです。

 

近年は3Dエコー検査までは、通常の妊婦健診に
含まれている病院が増えているようです。

ですが、4Dエコー検査になると、
大抵の病院では有料で、料金にも幅があります。

 

事前に予約が必要なので、その際に料金を確認しておくとよいでしょう。

お母さんにとっては、エコー検査は可愛い赤ちゃんの
様子を確認できる、絶好のチャンスです。

 

同時に、健康な赤ちゃんを産む上で、大事な経過観察の
ために不可欠な検査ですので、定期的に妊婦健診に通い、
きちんとエコー検査を受けるようにしましょう。