妊娠16週から19週にあたる妊娠5ヶ月は、
つわりも治まり、安定期に入る時期です。

胎動も頻繁に感じるようになる妊娠5ヶ月の体の変化や、
気になるお腹の痛みについて、ご紹介します。

 


スポンサードリンク





 

妊娠5ヶ月の症状


 
妊娠5ヶ月に入ると、

妊娠16週で

赤ちゃんの身長が110~140mm、体重は60~120g、
17週には慎重が120~170mm、体重が100~150g、
18週には身長が130~180mm、体重が150~200g、
19週には身長が160~200mm、体重が200~280gと、

日が経つごとに大きくなっていきます。


 

子宮もおへその下あたりまで大きくなり、体型も変化してきます。

このころの赤ちゃんは、まだ頭でっかちではありますが、
3~4頭身になり、顔や体にふっくらした脂肪が付き始めます。

 

妊娠5ヶ月のお腹の大きさ

 
妊娠5ヶ月の終わりを迎える頃には、子宮は大人の
頭の大きさにまで成長し、妊婦であることを隠せなくなります。

乳腺が発達することでバストサイズも大きくなり、乳房全体が
丸くなったり、腰回りがふっくらするひとが多く、
妊娠前の服が着られなくなる時期でもあります。


 

また、つわりが治まったと同時に食欲が増進し、
食べ過ぎて太ってしまう妊婦さんも少なくありません。

女性ホルモンの変化で、便秘しやすくなるため、
お腹が張ったように感じるひともいます。


 

妊娠5ヶ月だと、まだお腹だけが出ているように見えますが、
赤ちゃんが健康に育つために必要な変化です。

無理にキツイ洋服で締め付けたりせず、
マタニティウエアに切り替えましょう。

 

妊娠5ヶ月で感じるお腹の症状

 
妊娠5ヶ月になると、つわりが治まる妊婦さんが多いですが、
子宮が大きくなることで、別な症状に悩むひとも少なくありません。
まず、胃への圧迫感です。

子宮が大きくなることで、胃が圧迫され、押し上げられることで、
ムカムカを感じる妊婦さんが結構います。

 


スポンサードリンク




これは、赤ちゃんの成長のためにはしかたがないことなので、
一度に大量に食事をしないなど、乗り切る工夫をすることが大事です。
次に、お腹の張りです。

安定期に入ると、一般的にはお腹の張りを感じにくくなるといわれています。


 

ですが、つわりが治まったことで、家事や仕事、レジャーなどに
精を出し過ぎると、お腹に張りを感じることがあります。

安静にすれば治まる張りは、それほど心配はいりませんが、
30分以上お腹の張りが続いたり、痛みや出血を伴うときには、
切迫流産や早産の可能性があります。


 

すぐに病院に連絡し、指示を仰ぎましょう。
そして、お腹に感じるチクチクした痛みです。

下腹部に引っ張られるようなチクチクした痛みを感じるのは、
大きくなった子宮が周囲の内臓を圧迫することで起こります。

 

また、足の付け根の痛みは、子宮を支える靭帯が
伸びるときに感じる痛みであることが多いです。

正常な経過で起こる痛みには、対処法がありません。

痛みを感じたら、横になるなど、ゆっくり休むように心がけましょう。

 

妊娠5ヶ月で注意したい腹痛とは


 
妊娠5ヶ月では、子宮の成長に伴う痛みや前駆陣痛、
便秘による複数などが起こりますが、これは心配ありません。

ですが、早産につながる子宮収縮の痛みには、注意が必要です。

細菌やウイルスに感染し、腹痛が起こった場合、
早産となる可能性があります。

 

腹痛が起こる前に、いつもとは違うおりものが出るなどの
自覚症状があるはずなので、日頃からチェックする習慣をつけましょう。


また、産休前に仕事を片付けようと無理をすることで、
ストレスから子宮収縮が起こる妊婦さんもいます。

 

お腹全体に広がるように痛んだり、時間の間隔が規則的な
痛みを感じたり、痛みが長時間続いたときには、すぐに病院に行きましょう。