■どうして子宮口が開かないの?

 

子宮口が開かない。

妊娠中出産までまだまだ先という時期なら
開かないのはとてもいい事です。


 

頸管長も長くしっかり子宮口が閉まっていると
胎児が外に出てくる心配もなく流産や早産に
なる心配はありません。


スポンサードリンク




しかしこれが出産間近となる37週を超えた場合は,
ちょっと問題になります。


そもそもなぜ子宮口が開かないかというとそれは
膣内や子宮口が清潔に保たれている。

 

子宮が圧迫されることもなくお腹の張りもないという
子宮が安定した状態にあるという事なのです。


先程も述べたように出産間近でその状態だと胎児は
外に出ることができず問題になります。

 

だからといって子宮口を開くためにわざと子宮内を
感染させ不潔にしたりするという危険な事ではなく、

産婦人科医の内診での卵膜はがしや点滴などの薬、
医療器具などを使用し人工的に子宮口が開くように
処置を行う場合があります。

 

■子宮口が開かないとどうなるの?


 
さてここで気になるのが子宮口が開かないと,
どうなるのかという事です。

 

出産までまだまだという時期の時は子宮口が開かないように
できるだけ安静や清潔を第一とした妊娠生活でしたが
出産間近となるといきなりガンガン動いたりするように
言われりします。

 

ではなぜ37週を超える子宮口を開き出産をしないと
いけないのでしょうか。その理由はいくつかありますが
危険とされているのが胎児が育ちすぎて産道を

通れなくなってしまう事と母体と胎児をつなぐ胎盤が
劣化し胎児への栄養や酸素が行かなくなり子宮内で
大使が最悪の事態になってしてしまうという事です。


 

なので胎児が育ちすぎたりし産道が通れなくなったり
胎盤劣化で胎児の生命に危険が及ぶ場合は緊急性が

高いので医療器具などで子宮口を開いたりし
自然分娩を選択するより母子共に救命するのを
第一優先とし帝王切開にて出産を選択する事がほとんどなのです。

 

■子宮口を開く処置バルーン?ラミナリア?

 

子宮口が開かないと赤ちゃんの命が危険!

できれば帝王切開ではなく自然分娩したい!

 

となると子宮口を開くにはどうしたらいいのかと
いう事が気になります。

では子宮口を開くには具体的にどんな処置が
あるのでしょうか?


ひとつには点滴を使った投薬方法これは子宮口を
開くというより陣痛を促進し陣痛促進により子宮口を
開かせるという方法です。

 

ふたつめはバルーン。

バルーンは子宮口に風船の様なゴム製の物を挟み
注射器でバルーン内に水を注入しすこしずつ
膨らませていき子宮口を広げるという方法です。


 

みっつめはラミナリア。海藻が原材料で子宮口の
水分を吸収し、水分を含んだラミナリアが膨らみ
子宮口を開いてていくという方法です。

 
だいたいこの3つが子宮口広げる方法で、
その時の妊婦さんの体調や胎児の状態に
より処置の方法が選ばれます。


スポンサードリンク




しかしこれらの方法を使ってもなかなか
子宮口が開かない場合もあります。
 

■できるなら処置はしたくない

 
先ほど述べたような点滴やバルーン、ラミナリアなどの
子宮口を広げる処置、人工的に子宮口を広げるという事も
あり多少なりにも痛みを感じたりする処置もあります。

ただでさえ陣痛の痛みに翻弄されそうなのに子宮口を
広げる痛みも加わるなんて…と不安を感じる人もいると思います。

 

できればそんな処置をしないで子宮口を
広げたりできれば理想ですよね。

しかし残念ながら子宮口を自由自在に広げたり
閉じたりできる方法はありません。

 
では処置なく子宮口を広げるのは絶対無理なのかというと
そうでもなく意図的に子宮収縮(陣痛)を起こし子宮口を
柔軟にし開きやすくするという方法があります。

 

できれば人工的に子宮口を広げる処置はせずに
開いてくれたら…と願う人は妊娠37週を超えたら
子宮収縮が進むように積極的に動いたり


 

ウォーキングをしたりして子宮を刺激するように
するといいかもしれませんね。