妊娠12週から15週にあたる妊娠4ヶ月の時期は、
お腹のふくらみが目立ち始めます。

 

つわりが治まり、体調が安定する人が多くなる
妊娠4ヶ月の状態について、ここにまとめておきましょう。


スポンサードリンク




 

■妊娠4ヶ月の症状


 
妊娠4ヶ月に入ると、下腹部がどんどん膨らみ始め、
お腹がポコッと出てくるなど、妊婦らしい体型になってきます。

つわりが治まる人が多く、胎盤がしっかりできることで、
胎児にも十分に栄養や酸素が届くようになり、流産のリスクが少なくなります。

 

妊娠12週では、身長が60~70mm、体重が15~20gだった
お腹の赤ちゃんは、妊娠15週になるころには、
身長が100~130mm、体重は40~100gまで成長します。

それに伴い、子宮もどんどん大きくなっていく時期なのです。

 

■妊娠4ヶ月のお腹のふくらみ


 
妊娠13週に入るころには、子宮が小玉のメロンくらいの大きさに
成長しますので、それまで着ていた服がきつくなったように
感じる妊婦さんが多くなります。

体にフィットした洋服を着ると、お腹のふくらみが目立ちます。

 

マタニティ用の下着や洋服を用意するのに、
最適な時期といえそうです。

また、つわりが治まることで、食欲が増す妊婦さんも多く、
赤ちゃんの成長だけでなく、母体の体重が増えるケースも少なくありません。

 

安産のためには、体重管理が必要ですので、
食べ過ぎには注意した方が良いでしょう。

 

■妊娠4ヶ月でのお腹の痛み


 
妊娠4ヶ月になると、体調はかなり安定してきますが、
お腹の痛みが気になる妊婦さんも多いようです。

妊娠4ヶ月で感じるお腹の痛みのすべてが、危険なものではありません。

 

そこで、お腹の痛みで注意すべきことについて、まとめておきましょう。


スポンサードリンク




妊娠4ヶ月の妊婦さんは、
お腹にチクチクした痛みを感じることが多いはずです。

このチクチクした痛みは、子宮全体に感じるというより、
左右のどちらかか、あるいは交互に痛むのが一般的です。

 

この痛みは、左右の太ももの付け根の部分をつないで、
子宮を支えてねじれないようにしている靭帯の伸びが、
子宮が大きくなるスピードについていけず、
引っ張られることで起こります。

 

これは、体の変化によって起こるものなので、防ぐことはできません。

お腹にチクチクした痛みを感じたときには、
痛い方を下にして、しばらく横になっていましょう。

 
また、下腹部が外に引っ張られるように感じる、お腹から腰にかけて
痛みを感じる、お腹が全体的に引っ張られるような痛みがある、
生理痛のような痛みを感じるなども、体の変化による一時的な
症状なので、それほど心配しなくても大丈夫です。

 
また、下痢や便秘が原因で、腹痛が起こることもあります。

妊娠4ヶ月までは、ホルモンバランスの変化や胃腸機能の
低下などが要因で下痢をしやすくなります。

 

また、大きくなった子宮が大腸を圧迫することで、便秘になりやすく、
たまった便をハ排出するために痛みが起こることがあります。

便秘や下痢が続くことは、決して母体に良いことではないので、
妊婦健診のときにお医者さまに相談してください。

 

■妊娠4ヶ月で注意が必要な痛み


 
とはいえ妊娠4ヶ月は、まだ安定期ではありません。

痛みの中には、流産の兆候が隠れていることもあるので、
軽視してはいけません。

 

ギュッと締め付けられるような痛みを感じたり、断続的な
痛みが続いたり、下腹部がズキズキいたんだり、
強い痛みがあった場合は、切迫流産や流産の可能性があります。

 

特に出血を伴う場合は、すぐに病院に連絡し、診察を受けましょう。
妊娠4ヶ月で腹痛を感じたときには、出血が伴っているかどうか、
どの部分が痛むのかを、冷静にチェックしてください。

 

下腹部全体が痛んだり、お腹が硬くなっていなければ、
妊娠によるものなので、それほど心配はいりません。