妊娠2ヶ月になると、大半の妊婦さんは、
様々な自覚症状を感じるようになります。

 

この時期は流産に注意する必要があるので、
その症状や気をつけたいことについて、
まとめておきたいと思います。


スポンサードリンク




 

妊娠2ヶ月の経過


 
妊娠2ヶ月目とは、妊娠4週から7週の期間のことをいいます。


子宮の中で胎芽が成長を続けており、ホルモンバランスも
大きく変化していくので、いろいろな症状が出始めます。
妊娠4週目は、受精卵が子宮内膜に着床する時期です。

 
通常だと生理が始まる時期なので、周期が安定している
女性なら、妊娠かもしれないと思い始めるときです。

受精卵が胎芽に変化する過程で、妊娠を継続できるように、
多くのhCGホルモンが分泌されるようになります。4
 

妊娠5週目ともなれば、生理の遅れが1週間以上に
なっていますので、市販の妊娠検査薬でも、
判定ができるようになります。

この時期に微量な出血を起こす妊婦さんもますが、
これは着床出血であることが多いです。

 

妊娠検査薬が陽性だった場合は、すぐに産婦人科を
受診して超音波検査を受け、胎嚢や心音を確認してもらいましょう。

妊娠6週目に入るころには、胎芽には手足ができ、
頭も形成されています。

 

早い人だと、つわりを感じ始めます。


スポンサードリンク




妊娠7週目に入り、胎児の心音が確認されると、
母子手帳の交付を受けるための書類を渡されます。

 

妊娠2ヶ月で起こる一般的な症状


 
子宮内膜に受精卵が着床し、胎芽になると、
女性の体は子宮や胎盤を形成するために、
妊娠を維持するための女性ホルモンを、大量に分泌するようになります。

それが、「hCGホルモン」「エストロゲン」「プロゲステロン」などです。

 

こうした女性ホルモンが大量に分泌され、ホルモンバランスが急に
変化することが、妊娠の初期症状を引き起こしてしまうのです。

妊娠2ヶ月で感じやすい初期症状としては、便秘や頻尿、
強い眠気が続く、胸の張り、微熱が続く、下腹部の痛み、
吐き気、胃のむかつき、頭痛などがあげられます。

 

また、ホルモンバランスが乱れることで、
情緒不安定になる女性も少なくありません。

 
妊娠5週目を迎える頃には、
つわりを感じ始める妊婦さんも多いです。

吐き気が続く「吐きつわり」、食べていないと気持ちが
悪くなってしまう「食べつわり」、匂いに敏感になり

吐き気を感じやすくなる「匂いつわり」、一日中眠気を感じる
「眠りつわり」、なぜかよだれが出続ける「よだれつわり」など、
症状の出方には個人差があります。

 

妊娠8週から11週になるころには、つわりが治まるひとが多いのですが、
中には出産まで続く人もいます。

 

妊娠2ヶ月の流産の兆候とは


 
妊娠2ヶ月の時期は、母子ともに不安定なため、
トラブルが起こりやすくなります。


無理をすると、初期流産や切迫流産に
進んでしまうことがあるので、注意が必要です。

 

流産の兆候として、出血や下腹部が表れます。

ダラダラと少量の出血が続いたり、急に大量の出血が
あるなど、症状の出方は様々です。


下腹部痛についても、生理痛程度の人から、
お腹が張るだけという感じの人、腰痛が出ることもあります。

 


妊娠初期は不正出血が多くなる時期でもありますので、
神経質になりすぎないことも大事ですが、痛みを伴ったり、
鮮血の場合は、すぐに病院に連絡し、お医者さまに指示を仰ぎましょう。


妊娠22週未満の流産は、受精卵の異常など、胎児側に
原因があることが多く、その場合は防ぐことができません。

 

全妊婦さんの10~15%は、
こうした理由で自然流産してしまうといわれています。

これは、避けようがない事態なので、
自分を責める必要はありません。

 

完全流産でない場合、次の妊娠のために処置をする
必要があるので、自己診断せず、必ず病院を受診してください。