妊娠0週から3週は、最後の生理が始まった日から
次の生理予定日の間なので、妊娠している自覚がまったくない時期です。

最終生理開始日から2週間たたないと排卵されないので、
妊娠0週から1週は、実際にはお腹に赤ちゃんはいません。


スポンサードリンク




 

ですが、妊娠を待ち望んでいる女性なら、いつ赤ちゃんが
できても大丈夫なように、無理のない生活をすることが大事です。

そこで今回は、妊娠1ヶ月で気をつけたいことを中心に、お話したいと思います。

 

妊娠1ヶ月で気をつけたいこと


 
妊娠1ヶ月の間は、たばこやアルコールの摂取だけでなく、
日常生活の中にも、妊娠初期に影響を与えることがあるので、
注意が必要です。

妊娠中の喫煙は、赤ちゃんの低体重や未熟性出生の
リスクを高めるといわれていますし、少量の飲酒でも
毎日続けば、胎児の中枢神経に悪影響を与えます。

 

妊娠を望んでいるなら、喫煙や飲酒は控える方がよいでしょう。

また、コーヒーや紅茶、日本茶に含まれるカフェインを
大量摂取することも、胎児によくないとされています。

1日1~2杯なら問題ありませんが、カフェインレスの
飲み物に切り替えるのがベターです。

 

ハーブティーや麦茶、番茶などを飲むようにしてください。
妊娠初期の症状を、風邪と間違える女性も多いようです。
薬が胎児に与える影響はほぼないとはいわれていますが、
ゼロではないので、妊娠1ヶ月での服薬は避けた方が無難です。

 

妊娠の可能性があり、微熱や頭痛などの症状が出たら、
市販薬を避け、病院を受診して、薬を処方してもらいましょう。

妊娠4週から9週までの間の服薬は、胎児の形成異常を
引き起こす可能性があるので、やめることをおすすめします。

 

同様に、妊娠の可能性がある時期のレントゲン検査についても、
お医者さまに相談してからにしましょう。


スポンサードリンク



ジョギングなどのスポーツを習慣にしている女性も多いと
思いますが、体調に問題がなく、過酷なものでない限りは、
それまでのように続けて構いません。

 

めまいや微熱があるようなら、妊娠を確認できるまで、
やめた方がよいでしょう。

また、妊娠を希望しているなら、日頃から食事の栄養バランスに
気を付け、過労や寝不足を避けるなど、不規則な生活を
見直しておくことをおすすめします。

 

妊娠1ヶ月での体の変化


 
卵子と精子が受精し、受精卵が子宮内膜に着床することで、
妊娠は成立します。

その時点で、妊娠3週目を迎えていることになるのです。

妊娠1ヶ月では、ほとんどの妊婦さんに自覚症状はありませんが、
妊娠超初期症状が出る女性もいます。

 

その例をあげると、生理予定日前の微量の出血、胸の張り、
微熱、とても眠くなる、味覚の変化、匂いに敏感になる、
便秘や下痢などです。

お腹が出ることはありませんので、上記の症状が出たときには、
妊娠の可能性が高いので、生理予定日に妊娠検査薬を使って、
調べてみておくとよいかもしれません。

 

妊娠1ヶ月での中絶と費用


 
事情により、妊娠・出産が難しい場合、
中絶することも選択肢の一つです。

妊娠1ヶ月だと、妊娠中絶手術だけでなく、
妊娠中絶薬の服用を考える女性もいることでしょう。

 

妊娠中絶手術には、胎児と胎盤を器具で掻き出す
「掻爬法」と、掃除機のようなもので吸い取る「吸引法」があります。

妊娠1ヶ月から妊娠3ヶ月までの初期であれば、
術前検査に1~2万円、中絶手術に7~15万円ほど
かかるのが相場のようです。

 

手術は心身の負担が大きいと考えると、妊娠中絶薬の服用の
方がダメージが少ないと考えがちですが、日本では承認されていません。

個人が妊娠中絶薬を入手し使用することは、違法行為です。


 

海外であっても、お医者さまの管理下で服用するように
制限されていますので、妊娠中絶手術を選択してください。