双子の妊娠に憧れている女性は多いようですが、
いろいろなタイプがあることは、案外知られていません。

 

まず、一卵性双生児は、
1つの受精卵から2人の赤ちゃんが生まれます。

そして、二卵性双生児は、受精卵が2つで、
それぞれが成長します。

 


スポンサードリンク




双子妊娠には、

「二絨毛膜二羊膜双胎」
「一絨毛膜二羊膜双胎」
「一絨毛膜一羊膜双胎」


という、3つのタイプがあります。

 

「二絨毛膜二羊膜双胎」とは、二卵性双生児特有のタイプで、
2人の赤ちゃんは、胎盤も羊膜も絨毛膜も、別々に持つのが通常です。

たまに、膜が別々でも、胎盤を共有していることもあります。

 

次に「一絨毛膜二羊膜双胎」ですが、2人の赤ちゃんが
1つの絨毛膜内で1つの胎盤を共有し、
羊膜だけが別々の状態のことをいいます。

 

ほとんどの一卵性双生児がこのタイプで、胎盤を共有していることから、
2人の栄養に偏りが出て、リスクがアップすることも珍しくありません。

最後の「一絨毛膜一羊膜双胎」は、一卵性双生児の中でも
ごくまれに起こるタイプで、2人の赤ちゃんが、

同じ胎盤と絨毛膜、羊膜を共有しており、
お互いのへその緒が絡まるなどのリスクがあるため、
厳重な管理が必要といわれています。

 
一卵性双生児と二卵性双生児では、
自然妊娠する確率は異なります。


日本では、二卵性双生児が生まれる確率は、
全妊婦のうち約1%で、一卵性双生児になると
約0.3~0.4%といわれています。


 

ですが、不妊治療として体外受精を選択した場合、
成功率をあげるために、一度に複数の受精卵を子宮に戻したり、
排卵誘発剤を使うことで複数の卵子が排出されたときには、
二卵性双生児が授かる確率が上がります。

 


一卵性双生児を意図的につくるのは不可能ですが、
二卵性双生児は排卵誘発剤や体外受精などを用いれば、
授かれる可能性はあります。

また、女性は加齢とともに、卵子を一度に
2個排卵する確率が高まるという説もあるようです。

 

とはいえ、リスクも大きくなることを忘れないでください。
妊婦健診では超音波検査が行われますが、
妊娠5週で確認できるのは、胎嚢のみです。


超音波検査で胎児の心拍が確認できるようになるのは、
妊娠6週から7週に入ってからになります。

 

二卵性双生児の場合は、別々な胎嚢を持っているので、
妊娠5週でわかることがあります。

ですが、一卵性双生児の場合は同じ胎嚢に入っているため、
2人分の心拍が確認できるまで、双子であることはわからないのです。

 

大抵の場合は、妊娠3カ月から4カ月になるころには、
双子の確定診断がおりるようです。

また、双子の妊娠管理を行うときには、絨毛膜と羊膜の状態を
把握しておく必要があるので、妊娠10週までにその検査を受けることになります。

 
では、双子の妊娠は、1人の妊娠のときと、
初期症状が違うのでしょうか。

 

一般的な妊娠の初期症状として、吐き気やおう吐などのつわり、
頭痛や微熱、頻尿、便秘、情緒不安定、全身のむくみ、乳の張り、
眠気
などがありますが、これは双子妊娠であっても同じです。

双子妊娠で強くでる初期症状としては、お腹の張りがあるようです。

 


2人の胎児が成長するので、1人を妊娠したときより、
子宮が大きくなるスピードが速いからのようです。

また、母体は2人分の栄養を送らなければならないため、
貧血になりやすいといわれています。

 

そもそも妊娠の初期症状には個人差があり、つわりが
重くて重症妊娠悪阻に進んでしまう女性も少なくありません。

また、双子妊娠には安定期がないといわれるほど、
母体に負担がかかります。

 

双子妊娠は、妊娠高血圧症候群の発症確率や、
切迫流産の可能性が高まりますので、十分な注意が必要です。


体調がよくないと感じたら、家事も仕事もお休みして、
しっかり安静にするのが一番です。