待望の赤ちゃんを授かったからには、無事に
生産期を迎えて、元気に生まれてほしいと思いますよね。

 

生産期とは、妊娠37週0日から41週6日を指します。

生産期に出産するためには、早産を防ぐことが大切です。


スポンサードリンク




早産とは、生産期以前の出生のことをいい、日本では
妊娠22週0日から妊娠36週6日までの出産は早産に含まれます。


 

生産期を待たずに生まれてしまうと、新生児ICUでの治療が
必要になることが多く、障害が残る可能性が高まります。

 
早産の原因は、子宮頸管無力症や子宮筋腫、子宮奇形、
妊娠高血圧症候群、前置胎盤、多胎妊娠、高齢出産
など様々です。

細菌性膣症や頸管炎、絨毛膜羊膜炎などの感染症、
糖尿病や腎臓病の合併症、仕事などでの疲労や
ストレスが原因になることもあります。

 
早産を完全に予防することはできませんが、生活習慣に
気をつけることで、リスクを軽減することはできます。

塩分を摂り過ぎない、栄養のバランスを考えた食事をする、
適度な運動を心がける、体を冷やさない、重いものを持ち上げない、
長時間立ちっぱなしでいないなどは、日頃から心がけるようにしましょう。


 

そして、早産防止にはいろいろな方法があるので、
それらを併用するのもおすすめです。
その一つが、トコちゃんベルトです。

トコちゃんベルトとは、骨盤輪を支持するために開発された、
骨盤ケア商品のことをいい、用途に合わせて、4種類が用意されています。

 

妊婦健診で子宮頸管が短くなっていると判断されると、
早産防止のために管理入院するように指示されることがほとんどです。

これは、骨盤がゆるみ、胎児が下がり過ぎることで、
子宮と骨盤底の間で押しつぶされることで起こります。


スポンサードリンク




トコちゃんベルトをつけることで、この骨盤関節のゆるみを
防ぐことができ、子宮頸管が圧縮されることがなくなるのです。


 

下がってしまった子宮をあげて、歪んだ骨盤や筋肉を整え、
心地よい位置と強さで支えられるトコちゃんベルトは、
産後の骨盤ケアにも利用できると、妊婦さんの間で人気が高いようです。

 
また、早産防止の方法として、
ツボにお灸をする妊婦さんも多いようです。

まず、安産のツボとして知られる「三陰交」
お灸をする方法から、説明しましょう。

 

三陰交は、足の内くるぶしから指3~4本分上の位置に
ある大きめのツボで、骨の側を押さえると痛みを感じます。

そして、足の小指の爪の生え際にある「至陰」という小さなツボです。

 

妊娠6カ月を過ぎたら、自宅でこの2つのツボにお灸をすると、
早産防止だけでなく、逆子治療やお腹の張り止め、
夜中や明け方に足がつるといった症状にも、
効果があると言われています。


 

まずは鍼灸院などで、正しい位置を教えてもらってから、
試してみるとよいでしょう。

 
そして、病院では早産防止のために、
薬を処方することがあります。

その薬が、リトドリンです。

 

商品名であるウテメリンと聞く方が、
ピンとくる妊婦さんも多いのではないでしょうか。

この薬は、β受容体を刺激し、子宮の筋肉を弛緩させることで、
子宮収縮を押さえる薬です。

 

例をあげて説明すると、運動しているとき、
交感神経が活発になり、心拍数がアップします。


すると、体はより多くの空気を取り入れる必要があるため、
気管を弛緩して、気道を広げようとします。

 

この働きを行っているのが、β受容体です。

その作用を、子宮収縮の抑制に応用しているのです。

そのため、服用すると動機が激しくなったり、頭痛や吐き気、
発熱などの副作用が起こることがあります。

 

お腹が張る程度であれば、錠剤で処方されますが、
切迫早産を押さえるために点滴を用いられることもあります。

お腹の赤ちゃんを守るためにも、お医者さまの指示通りに、
薬を服用したり、点滴を受けるようにしましょう。