妊婦さんが経膣分娩を希望しても、母子の安全を考えて、
予定帝王切開を勧められることがあります。


 

また予定帝王切開であっても、先に陣痛や破水が起こる
ケースも少なくありません。



スポンサードリンク




今回は、出産の流れや費用、週数など、
予定帝王切開にまつわる話を紹介しましょう。

 
予定帝王切開とは、母子の安全のために、手術予定日を
あらかじめ決めておき、計画的に出産する方法のことをいいます。

 

お医者さまに予定帝王切開を勧められるのは、双子以上の
多胎妊娠の時、前置胎盤だと診断された時、逆子が直らない時、
大きな子宮筋腫を持っている時、胎児の頭と骨盤の大きさが合わない時、
高齢出産でリスクがあると判断された時などです。


 

前回の出産が帝王切開だった場合も、
予定帝王切開にするように勧められることが多いです。

 
予定帝王切開は、事前に出産日が確定していますので、
その日に合わせて準備を進めることになります。

入院前の妊婦健診で、血液やX線、心電図などの検査を
済ませた上で、手術前日に入院するのが一般的です。


 

入院すると、翌日の手術に備えて、様々な処置が行われます。

血圧測定や尿検査の他、赤ちゃんの心拍をモニターしたり、
手術部位を剃毛することもあります。


 
また、術後はしばらく入浴できませんので、シャワーを
済ませておくように指示されることが多いです。

麻酔薬を使うため、手術開始時間にもよりますが、
大抵の場合は夜から絶飲食となり、手術当日を迎えます。

 

手術当日は、手術着に着替えて、膀胱にカテーテルを入れ
、手術室で心電図の装置をつけたり、
血管確保のための点滴を始めます。



スポンサードリンク




予定帝王切開の場合、腰痛麻酔や硬膜外麻酔を用いた
下半身麻酔が多く、手術台の上で脊椎にから麻酔薬を入れます。

 

その後、麻酔が効いているのを確認したら、お腹を切開します。

赤ちゃんを早く取り出すため、皮膚から腹膜までは縦に切り、
子宮壁は横に切るのが一般的です。

 

実際にお腹を切ったら、2~3分で赤ちゃんが誕生します。


 

お母さんの意識ははっきりしているので、産声を聞くことができます。

その後、子宮から胎盤を取り出し、中をきれいに洗浄してから縫合します。

 

子宮の縫合には溶ける糸を使い、お腹の縫合には医療用ステープラーが
用いられ、ホチキスのようにとめることが多いです。

この処置も含めて、予定帝王切開の手術は、30分から1時間で終わります。
また、陣痛や破水の後で、帝王切開に切り替えることもあります。


 

これは、微弱陣痛や胎児の心拍低下など、母子が危険な状態で
あるとお医者さまが判断し、同意を得てから行われます。

妊娠28週を過ぎていれば、胎児は大切な器官がほぼできあがって
いるので、陣痛を止められなかったり、破水してしまった場合、
帝王切開になることがあります。

 
帝王切開は、手術費用は健康保険が適用されるので、
生産期で手術を受ける場合には22万1600円
(平成24年診療報酬点数表)のうち3割を負担することになります。


 

検査料や投薬料など、医療的措置についてはすべて、
健康保険が適用されます。

 

そのため、予定帝王切開は、健康保険が適用されない
経膣分娩に比べると費用が安いイメージがあるようですが、
実際には入院日数が長く、術後用の腹帯など物品購入などが
あることから、割高になるケースも少なくありません。

 

また、食事代や差額ベッド代は自己負担となりますので、
地域や医療機関によって違いはあるものの、
約40~100万円の費用が必要です。

 

とはいえ、出産後に高額医療費を申請できたり、医療保険に
加入していれば手術給付金、入院給付金が下りることで、
結果的にプラスになる人も多いです。


お金の準備も、しっかりしておきましょう。