出産後、体型の変化に悩むお母さんが、
案外多いのではないでしょうか。

実は体型の変化には、骨盤の歪みが関係しています。

 

今回は、帝王切開後の骨盤矯正の方法や、
人気のある骨盤ベルトについて、ご紹介します。


スポンサードリンク




妊娠中、胎児の成長とともに広がった骨盤は、左右交互に
少しずつ縮んでいき、産後3~4カ月たつと、元の状態に
戻るのが普通です。


 

ですが、妊娠中に体のバランスを崩してしまう人が多く、
その場合は骨盤が正常な位置に戻りにくくなってしまいます。

また、骨盤が戻るまでの期間に、授乳がしやすいように足を組んだり、
横座りをしたり、猫背になることが習慣になると、骨盤は正常な
位置に戻らなくなるのです。


 

骨盤が歪むと周辺の血流が悪くなり、
脂肪燃焼がうまくいかなくなります。


これは肥満につながりますし、肩こりや腰痛、むくみ、
冷え性なども、骨盤の歪み
が影響しているのです。

 

そこで、産後はしっかりと骨盤矯正をすることをおすすめします。


産後すぐに骨盤矯正ベルトをしたいところですが、帝王切開をした
お母さんは傷口が痛むので、すぐに装着できないことが多いものです。

 

そこで、傷の痛みを感じなくなるまでは、
骨盤矯正下着をつけることをおすすめします。

体型を戻すことが目的だと、どうしても
小さ目なサイズの骨盤矯正下着を選びがちです。

 

ですが、産後すぐに身につけるときには、実際よりも
ワンサイズ上のものを使う方がよいのです。

というのも、小さなサイズで体を締め付けてしまうと、
血流が悪くなるだけでなく、リンパ腺に老廃物が溜まり、
セルライトの原因になってしまいます。





スポンサードリンク



また、血行が悪くなることで、帝王切開の傷の治りまで
遅くなってしまい、いつまでたっても本格的な骨盤矯正に
入れなくなってしまうのです。

本格的に骨盤矯正に入れるのは、悪露がなくなり、
傷口の痛みがやわらぐ、産後2カ月以降です。


 

それまでは、無理せず徐々に体型を戻すという意識で、
ゆったりめの骨盤矯正下着を着用するようにしましょう。

 
とはいえ、しっかり骨盤を戻したいなら、
やはり骨盤矯正ベルトがおすすめです。

そこで、矯正度を調節できるタイプの骨盤ベルトを使ってみましょう。

 

それなら、傷が回復する段階に合わせて、骨盤ベルトを
締めつけていけばよいので、ムダがありません。

また、サイズ調整が可能なニッパーも、帝王切開した
お母さんには人気が高いようです。

 

そうしたタイプの場合、着用してもかかる圧力が分散されるので、
傷口だけが特に刺激されることはありません。

また、サイズ調整できる骨盤ベルトとガードルがセットアップされた、
骨盤ショーツなども人気が高いようです。

 

こうした骨盤矯正グッズを使い分ければ、より効果が期待できそうです。



ただし、骨盤矯正ベルトの効果を引き出すためには、
正しい位置で装着することが大前提です。

妊娠で広がった骨盤を戻すためには、大転子という太ももの
付け根にある骨と、恥骨の結合部の間に装着するのがポイントです。

 

そして締め付け方も、自分が装着することで楽だと思える
強さにとどめることが大事です。

締め付け方が強すぎると、痛みだけでなく、しびれや苦しさを
感じることがありますが、これでは効果はありません。

 

自分がほどよいと感じられる締め付け方を見つけるまで、
何度も調整してみてください。
そして、骨盤矯正ベルトは、毎日使い続けることが何よりも大事です。

 
骨盤の位置を正すだけでなく、背中やお腹の筋肉を正常な位置に
戻すことにもつながるからです。

 

骨盤矯正ベルトは、着用したまま動くと、
知らず知らずのうちにずれてしまいます。


こまめに正しい位置に装着されているかをチェックして、
最大の効果を引き出しましょう。