多胎妊娠や胎児が逆子だった場合、
病院で帝王切開を勧められることがあります。


そこで、帝王切開にかかる費用や助成制度について、
紹介しておきましょう。

 
経膣分娩の場合、妊婦健診や出産費用は自己負担となるため、
居住地域によって出産費用に差があります。


スポンサードリンク




厚生労働省のデータによると、経膣分娩での平均自己負担金額は、
約42万円
だそうです。

一方の帝王切開ですが、手術を伴うため、健康保険が適用になります。

 

投薬料や手術料、処置料、検査料、入院費などは、
健康保険が適用されるのです。

 

とはいえ、予定帝王切開なのか緊急帝王切開なのか、
総合病院・大学病院・個人病院など出産場所はどこか、
入院時期はいつか、入院日数はどれくらいかで、
支払う金額は異なります。

 

帝王切開の場合、経膣分娩より入院日数が長くなりますし、
お腹の傷をケアするための物品を購入しなければならないなど、
出産費用は健康保険でまかなえても、自己負担金額は
結果的に経膣分娩と変わらないというケースが少なくありません。


 

また、帝王切開を行う施設をどう選ぶかでも、費用が変わります。

公立の総合病院であれば、大部屋での入院を選べば、
費用を抑えることができます。

 

ですが、規則が厳しかったり、見舞い客が長居できないという
デメリットがあること、個室に入院すると差額ベッド代がかかり、
出産費用がアップすることもあります。

個人病院では特徴的なオプションを用意していることが多く、
総合病院での帝王切開より、費用は高くなります。

 

ですが、お祝いディナーや新生児関連のプレゼントが
充実していたり、エステや退院時のメイクサービスなどが
用意されているところが多く、人気が高いです。


スポンサードリンク




大学病院での帝王切開も、基本の費用は総合病院と差は
ありませんが、妊婦健診の費用を高いと感じる妊婦さんも多いようです。

リスクが高い出産の場合は、小児科も併設されている大学病院の
方が安心ですので、自分の体調に合わせて、病院を選択するようにしましょう。


 

とはいえ、出産後に受け取れるお金もあります。出産後、
加入している健康保険から出産一時金が支払われます。

これは、事前に健康保険に申請しておくことで、医療機関に
直接支払ってもらうことも可能で、その場合は出産費用を
事前に準備する必要はありません。

 

また、働く妊婦さんの場合、産休中で勤務先から支払われる
給料が2/3未満だと、出産手当金をもらうことができます。

ただし、産休中も健康保険に継続加入していること、
育児休業明けに仕事を続けることが前提です。

 
また、帝王切開には健康保険が適用されるため、
出産後にもらえるお金が経膣分娩より多いのも事実です。

同一世帯で1カ月にかかった医療費が自己負担限度額を
超えた場合は、高額医療費を申請できます。

 

自己負担額は所得区分によって異なるのですが、
住民税が非課税の世帯なら1カ月35,400円、
年収が370万円以下なら57,600円、年収が770万円以下なら
80,100+(医療費-267,000円)×1%で計算されます。


 

高額医療費は、事前に申請ができるので、予定帝王切開なら
入院前に限度額適用認定申請書を提出し、出産後に清算を
する際に窓口に限度額適用認定証を提示すれば、その時点で
支払額を自己負担限度額にすることができます。


 
また、民間の医療保険に加入している場合、
入院や手術の給付金が支給されます。

医療保険の契約内容を確認し、事前に記入書類を
取り寄せておき、出産前に主治医に渡しておけば、
退院時に必要書類を受け取ることができます。

 

医療保険の給付があったことで、出産費用が黒字になる人も
多いので、必ず入院前にチェックしておきましょう。