女性の方で誰もが生理がこない、
遅れている、などが起きると大多数の方が『妊娠』という
事に敏感になり妊娠検査薬を手にするのではないでしょうか。

 

期待通りで嬉しい方もいれば予想外でびっくりなんてかたもです。


スポンサードリンク




しかし検査をして陽性反応から後日再検査をすると陰性に変わってる!
という場合もまれにあるようです。

ではそれは一体どんな場合なのでしょう。

 

そもそも妊娠検査薬にはhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)という
妊娠すると分泌されるホルモンに反応するものがありどの
メーカーの検査薬においても99%以上の正確さがあると言われています。

hCG(ヒト絨毛性ゴナドトピン)とは受胎の直後から胎児の
栄養膜合胞体(胎盤の一部)で作られています。

 

その役割とは卵巣にある黄体の分解を防いでヒトの妊娠に
重要であるプロゲステロンの産生を保たせます。

hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の別の働きに例えば
母子免疫寛容へ影響していると考えられます。

 

そして特に妊娠2~3カ月にかけて多く分泌されるのです。

妊娠検査薬を使う人の大半はちょうどこの時期に
生理が遅れているかこなくて妊娠検査薬を使用するでしょう。

陽性反応=妊娠したというばかりでなく、陽性反応から
後日検査薬を使うと陰性に変わった。という事例もあるようです。

 

ではそれは一体どうしてなのでしょう。

妊娠とは受精卵が着床し発育が始まるのですが
着床後胎嚢の確認ができず科学的流産という
状態になることもあるようです。

着床してから3~4日(生理予定の3日前頃)に陽性反応を示すのです。

 

受精卵の染色以上などで育たなかった時妊娠は
継続不可能となり科学的流産になってしまいます。

継続不可能だと生理のような出血が始まって
妊娠検査薬での反応は陰性に変わってしまします。

 


スポンサードリンク



自身の身体でもいつもと変わらない生理と同じで
他の症状もなく処置もなにもしなくて良いので
妊娠検査薬を使わなければちょっと生理が遅れたかな、
くらいの感覚にしかないでしょう。

強いて言うならいつもの自分の生理の時より
比較的出血量が多く感じられるかもしれません。

 

ですが出血量ですと個人差もあるので一概に多いからと
言って科学的流産をしたとも言えません。

また妊娠検査薬とは尿の中に含まれるhCG
(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の濃度により
陽性か陰性化の判定をします。

 

まれに妊娠していないのに陽性反応を妊娠をせずに示す場合があります。

その中には、

 

① 不妊治療になどによりhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)
の注射をして投与から7~10日までに陽性反応が出てしまいます。

ですが継続して妊娠検査薬を利用すると陰性反応に変わっていきます。

② まれに尿中の中に不純物が含まれていたり検査薬の
部分に付いていてしまったりした時に妊娠検査薬に
反応し陽性がでてしまうのです。

 

しかしこの場合は数回の妊娠検査薬を
使うことで正確な反応をしてくれます。

 

③ 閉経の時hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン) と
似た物質が分泌され、陽性反応を示す場合があります。

④ 絨毛性疾患の場合にはhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)
の数値が高くなるので陽性反応を示す場合があります。

 

これらの陽性反応を示す場合は偽陽性といいます。

もしかすると何らかの病気が隠れていて受精とは関係なく
hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の数値が高く出ている場合
もあるので1度病院へ受診されたほうがいいかもしれません。

 

これは陽性ではないのですが何度検査しても
陽性反応が出るかもしれません。

妊娠検査薬を使う際は正しい使い方は
もちろん取り扱い説明書をよく読みましょう。

 

もし自分の排卵日などがわかるような基礎体温を
付けていたりするのならば妊娠検査薬を
使う日も考えて検査をしたほうがいいかもしれません。

妊娠は女性にとって人生の大きな分岐点になるのですから!!