お出かけする時に車やバイクで移動できると、重い荷物を
持ったり、長い距離を歩かなくて済むのでとても便利ですよね。

しかし、妊娠した場合には、車やバイクの運転をする時、
さまざまなことに気をつけなければなりません。


スポンサードリンク



■バイクの運転

 

妊娠したらできるだけバイクの運転はしないほうがいいでしょう。

二輪でスピードもでますから、お腹が大きくなると、
バランスを取るのが難しくなるため、運転は危険です。

 

また、バイクが倒れるた場合、起こそうとする時に、
お腹に力がかかるので大変危険です。

できるだけ他の交通手段を利用するようにしましょう。

■車の運転

 

妊娠後の車の運転は、直接妊娠中の害にはならないと言われています。

しかし、妊娠中は集中力が低下しやすく、眠気に襲われやすいため、
運転の際にはとても注意が必要です。

 

車を自分で運転しなくていい場合は、助手席よりも、
一番安全な運転席の後ろに座るようにしましょう。

■運転中の眠気

 

妊娠中はホルモンの関係で、強い眠気に襲われることがあります。

運転中に眠気に襲われた場合は、休憩をとるようにしましょう。

眠気を我慢しながら運転すると、集中力が低下し、
一瞬の気のゆるみが大きな事故につながります。

■運転時間

 

長時間車を運転すると、疲れて体に負担がかかってしまうのは
もちろんですが、ずっと同じ姿勢で座っていると、
胎盤のうっ血などを引き起こしてしまう可能性があるので、
赤ちゃんにもよくありません。

 

疲れを感じたらすぐに、車を安全なところに停めて、
車から降りて休憩をとるようにしましょう。


スポンサードリンク



■お腹が大きくなってきたら

 

少しずつお腹が大きくなってくると、歩くのも大変になるので、
車で移動するほうが楽ですよね。

しかし、お腹が大きくなってくると、
ハンドルにつっかえるようになってきます。

 

ハンドルにお腹が当たるようになってくると、ハンドルを切り返すのが
遅くなったり、お腹にぶつかったりして、大変危険なので、
なるべく運転をしないようにしましょう。

■出かけるときは

 

常に母子手帳はかばんに入れておくようにしましょう。

出かけている最中に体調が悪くなって病院に行かなければ
ならなくなった時に必要になります。

 

ちょっとそこまで、と近場に出かけるときにも、
母子手帳は常に携帯するようにしてください。

■運転中のシートベルト

 

運転する際にシートベルトを着用するのは義務付けられていますが、
妊婦さんは例外とされています。

ですが、やはりシートベルトを着用していない時より、
シートベルトを着用している時のほうが万が一の際に衝撃が
少ないとされています。

 

シートベルトを着用していないと、ハンドルやダッシュボードに
お腹をぶつけてしまったり、車外に飛び出してしまったりという
可能性があります。

なので、妊娠中もシートベルトを着用することをおすすめします。

 

妊娠中のシートベルトの着用方法は、肩ベルトは胸と胸の間を通り、
お腹の上から脇に抜けるようにし、腰ベルトはお腹の下で腰骨と
足の付け根あたりを通るようにし、シートベルトが
お腹に乗らないようにするといいでしょう。

 

お腹が大きくなってきて、シートベルトが苦しくなってくる妊娠後期や、
臨月の人はシートベルトストッパーを使うといいでしょう。

シートベルトの効果が100%発揮できなくなりますが、
シートベルトをしないより安全です。

 

シートベルトストッパーはカー用品店などで販売しています。

また、マタニティーシートベルトというものもあります。

 

車の座席に取り付けて使用するもので、
お腹を圧迫せずにシートベルトができます。

使うのは少しの間だから購入するのはちょっともったいないな、
という人はレンタルをやっているところもあるので検討してみてくださいね。