生理がなかなかこなかったり、なんだかいつもと体調が違うな…
と感じたら妊娠したかも!と思いますよね。

一度そう思ったら、それが気になって他のことが頭に
入ってこなかったり、夜もぐっすり眠ることができなかったりするので、
できることなら今すぐにでも検査したいですよね。

 


スポンサードリンク




しかし妊娠検査薬はある期間にならなければ検査することはできません。

妊娠検査薬がいつから確実に使えるようになるのかご紹介します。
 

■検査のタイミング

 

妊娠検査約は生理開始予定日の1週間後から使用可能です。

生理開始予定日の1週間後は妊娠5週目にあたります。

妊娠検査薬はhCGホルモンの濃度によって
陽性か陰性かを判断しています。

 

このhCGホルモンの濃度が検査薬に反応するほど分泌されるように
なるのが、生理予定日の1週間後以降になります。

そのため一般的な妊娠検査薬は生理開始予定日の
1週間後から使用してくださいとなっているのです。
 

■生理予定日の計算方法

 

前回の生理開始日に生理周期を足すと生理予定日がわかります。

生理周期とは、前々回の生理開始日1日目から前回の
生理開始日の前日までの日数のことです。

 

25~38日周期が正常な生理周期とされています。

前回の生理開始日と生理周期がわかっていて妊娠検査薬を
使用する場合は、前回の生理開始日と生理周期を足した日数
+約1週間後に妊娠検査薬を使用すると正確な結果がでます。
 

■生理周期がわからない場合の計算方法

 

生理周期が毎回違う人や生理不順の人は、生理周期を前回の
生理開始日から前々回の生理開始日を引いた数字で計算します。

 

この場合の妊娠検査薬を使用する日は、前回の生理開始日と
前回の生理開始日から前々回の生理開始日を引いた数字+
約1週間後に妊娠検査薬使用すると正確な結果がでます。

 


スポンサードリンク




 

■フライング検査の注意点

 

生理予定日の1週間後まで待ちきれず、フライング検査を
してしまうことはよくあります。

気になって仕方ないし、早く妊娠しているかどうか知りたいですものね。

 

しかし、フライング検査では化学流産を知ることになったり、
蒸発線を見間違えたりと正確な結果を得ることができません。
必ず生理予定日の1週間後に使用するようにしましょう。

 

■陽性でも子宮外妊娠などの可能性あり

 

正常な妊娠以外にも、妊娠検査薬で陽性が出ます。

妊娠検査薬は尿中のhCGホルモンが50mlU/mL以上に反応します。

 

子宮外妊娠や悪性腫瘍などのときも、hCGホルモンが分泌されるので
陽性という結果がでます。

陽性反応がでたら、病院を受診するようにしましょう。
 

■陽性反応が出た後の生活の注意点

 

陽性反応が出た場合には、妊娠している可能性があるので、
重いものを持ったり、お腹に力が入るような動作は避けるようにしてください。

過労やストレスなどにも注意して、
体を大事にしながら生活するようにしましょう。

 

また、急に眠気が強くなったりすることもあるので、
運転することが多い人は注意してください。

出血や、下腹部痛などがあった場合には
すぐに病院で診てもらいましょう。

 
一般的な妊娠検査薬は生理開始予定日の1週間後から
使用するものが多いですが、中には生理開始予定日から
使用できるものもあったり、値段がバラバラだったりと、
たくさん種類があり、精度もまちまちです。

 

ネットで購入することもできますが、ほどんどの薬局に
置いてあるので、近くの薬局で探してみてください。

妊娠検査薬は正しく使用しなければ、
正確な結果を得ることができません。

 

きちんと使用する自分にあった検査薬を見つけ、
説明書をよく読み、説明書の手順に従って正しく使用してください。