お腹がシクシク痛いな、お腹が重い、
そろそろ生理がくるから生理前の下腹部痛かな?

と思っていてもなかなか生理がこず、実は妊娠超初期の
下腹部痛だったということがあります。

 

私自身もずっと体調が悪く、体がだるい日が続き、
生理前の下腹部痛のような症状が続いていて、

あれ?おかしいとなって検査して妊娠がわかりました。

 


スポンサードリンク




人によっては妊娠超初期の下腹部痛が全くなかったという人もいます。

生理痛と妊娠超初期の下腹部痛は
どうやって引き起こされているのかご紹介します。
 

■妊娠超初期の下腹部痛

 

妊娠すると受精卵が子宮に着床し、その受精卵が大きく
成長していくために、子宮が少しずつ大きくなります。

また、妊娠するとホルモンバランスが変化します。

 

hCGホルモンやプロゲステロンというホルモンが、
妊娠したことによって多く分泌されるようになるので、
そのホルモンバランスの変化で下腹部痛が起こることがあります。

hGCホルモンの分泌は妊娠することで、
初めて分泌されるホルモンです。

 

このhGCホルモンは妊娠後、2~3ヶ月頃が分泌のピークとなるので、
下腹部痛はその頃までには落ち着くと言われています。

あまりにも痛みがひどい場合には、子宮外妊娠などの
可能性があるので、病院で診てもらいましょう。
 

■生理前の下腹部痛

 

生理前の下腹部痛は、子宮内膜からプロスタグランジンが
多く分泌されて、子宮を収縮させます。

その子宮の収縮で、生理前の下腹部痛が起こることがあります。

 

なるべく体を冷やさないようにし、ホッカイロなどで下腹部を温めたり、
半身浴をすると体が芯から温まり、痛みが和らぐことがあります。

あまりにも痛みがひどい場合には、子宮筋腫や子宮内膜症などの
可能性があるので、病院で診てもらいましょう。

 
妊娠超初期の下腹部痛と生理前の下腹部痛の痛みは似ていて、
大きな違いがないため、妊娠しているかどうかを痛みだけで
見分けることはできません。


スポンサードリンク




着床出血があったり、高温期が続いてるなど、
他の妊娠初期症状がないかで見分けましょう。

 

■妊娠超初期の症状

 

・おりものの量が増え、サラサラしている
・着床出血がある
・胸が張るような感じで、乳首が敏感になる
・高温期が続き、体が熱っぽい、だるい
・下痢や便秘が続く

・トイレが近くなり、回数が増える
・眠気が強くなる
・よだれが増える
・匂いに敏感になる

・脚の付け根あたりが痛む
・腰が痛む
・食べ物の好みが変わる

など、さまざまな症状がみられます。

 

上記の症状以外にも症状が出る場合があるので、
上記の症状が出ていないから妊娠していない、
というわけではありません。

症状が出る人もいれば、出ない人もいます。

 

■妊娠検査薬で検査

 

妊娠検査薬で妊娠しているかどうかを判別する方法もあります。

尿を試薬にかけるだけで、約1分の検査で99%正確に結果がでます。

妊娠検査薬は生理予定日の1週間後から使用できます。

 

正常な妊娠以外に、子宮外妊娠や腫瘍がある場合にも
陽性反応が出るので、陽性反応が出た場合はなるべく
早く病院に行くようにしましょう。


 
妊娠超初期は赤ちゃんにとっても、お母さんにとっても、
とても大切な時期です。

重いものを持ったり、お腹に力が入るような動作はしないよう生活してください。

 

また、ストレスや疲労をなるべく溜めないようにしましょう。

出血があったり、下腹部痛の痛みがひどい場合には、
すぐに病院を受診してください。

 

また、妊娠超初期から葉酸を摂るようにすることによって、
赤ちゃんの神経管閉鎖障害などを予防することができます。

葉酸は食事だけで1日分を摂取するのはなかなか難しいので、
サプリメントなどを利用して、忘れずに摂るようにしてくださいね!